恋愛情報『獅子座はリラックスすればするほどラッキー!? 7月13日 蟹座の新月【新月満月からのメッセージ】』

獅子座はリラックスすればするほどラッキー!? 7月13日 蟹座の新月【新月満月からのメッセージ】

2018年7月12日 15:00
 

目次

・7月13日蟹座の新月
・今ここで生きている意味とは…
・あなたが受ける影響とは…
獅子座はリラックスすればするほどラッキー!? 7月13日 蟹座の新月【新月満月からのメッセージ】

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。

■7月13日蟹座の新月

7月13日は蟹座で新月になります。今回の新月は部分日食です。この時期の星回りをご紹介しましょう。

日食は、地球から見ると月が太陽を覆い隠すように通過する現象です。地上世界から光が突然消滅し、その後、光の回復と共に太陽があらわれる現象を、いにしえの人々は「天の異変」「神のお告げ」と考えました。彼らは日食のたびに自然への畏敬の念を新たにしたのです。占星術では、太陽を「(人生の主人公である)私」になぞらえます。太陽が復活する日食現象は、「私」が滅び、そして新しくよみがえるプロセスと読み解きます。つまり占星術における日食とは、「私が天地(あめつち)と共に生まれ変わる」タイミングなのです。

さらにお知らせしたいことがあります。今回の日食後、7月28日に水瓶座で月食が起こり、8月11日の獅子座新月は再び部分日食となります。2018年の夏は日食が2回あるのです。この夏、私たちは天地(あめつち)と共に何らかの生まれ変わりを繰り返し経験することになりそうです。ですから今夏第1回目の日食となる今回の蟹座新月には、「生まれ変わりを繰り返し経験する夏が始まりますよ」というメッセージも含まれているのかもしれません。

新月図を見てみます。蟹座新月(太陽と月)と山羊座冥王星が向かい合っています。また、蟹座新月と魚座海王星、蠍座木星による正三角形がゆるやかにできており、山羊座冥王星を加えるとカイト(凧)と呼ばれる特別な形も何となくできています。

■今ここで生きている意味とは…

ある出来事を通じて「今ここで私が生きているということ」を深く見つめることになるのかもしれません。私たちはひとりで生きているように見えるけれど、本当は大いなる計らいによって生かされているかもしれません。だからこそ、私たちが今ここで生きていることには意味があると思うのです。蟹座で日食が起こるこの時期、今の自分を「大いなる計らいによって生かされている私」というまなざしで見つめたとき、あなたの内外で新しく生まれ変わるものがあるのかもしれません。たとえば何のために生きているのかを思い出したり、見失いかけていた何かを取り戻したり、あなたにとって大切なことに立ち戻ることもあるでしょう。

乙女座金星、山羊座土星、牡牛座天王星による正三角形ができています。先に述べた「今ここで私が生きているということ」を深く見つめるプロセスと連動するかのように、「あなたの現実」も印象深く入れ替わっていくでしょう。対人関係においてなのかもしれませんが、今のあなたにふさわしい形へと動いていくように思われます。

■あなたが受ける影響とは…

今回の蟹座新月の影響を強く受けるのは、牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座です。宇宙はさまざまなものを用意してくれるでしょう。それらは責任ある役割であったり、信頼できる仲間、思いがけない感情、興味深いトピックスなのかもしれません。

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は、リラックスすればするほどラッキーがやって来るでしょう。この時期は自分に甘いくらいがちょうどいいです。スケジュールにも余裕を持たせて。

双子座、乙女座、射手座、魚座は、ある出来事を通じて自分に許可を出せたり、素の自分を優しく受け容れることができたりするのかもしれません。自分への信頼感が強まり、それが良い結果へとつながることもあるでしょう。

次回は7月28日水瓶座の満月(7月27日更新)

加藤まや

2003年に占星術研究を開始。2004年より雑誌やWEBでの占い連載、占星術コンサルティングなどを行う。趣味は神社参拝と天然石アクセサリーの製作。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.