恋愛情報『「不倫したヤツは死ぬまで殴って良い」という風潮は、もはや“鬼退治”!?【カレー沢薫 アクマの辞典】』

2018年9月20日 11:55

「不倫したヤツは死ぬまで殴って良い」という風潮は、もはや“鬼退治”!?【カレー沢薫 アクマの辞典】

状態になるのである。

このように、金銭的にも社会的にも大きな損失を被る恐れがある不倫だが、残念ながら、不倫によって負うダメージは女のほうが遥かに高い。

不倫ニュースを見ても、若い女の不倫は村1つ焼いたのか、というぐらい騒がれ、片や大御所男性芸能人の不倫は「あいつなら愛人の一人や二人いても不思議ではない」とほぼ完スルーだったりするのだ。

だがここで「男女差別だ」などと叫んでも誰も聞いてくれない、何故なら不倫してしまったのは事実だからだ。

「誰にも話を聞いてもらえなくなる」これが不倫の一番恐ろしいツケかもしれない。

【サ】

▶「サレ妻(夫)」(されつま・されおっと)

…彼女らがシタを退治するのが現代の桃太郎

【シ】

▶「しまむら」(しまむら)

…ユニクロよりセンスが問われてしまうので、ファッションに興味がなくても穏健派は行かない

【ス】

▶「据え膳」(すえぜん)

…据え膳食わねば男の恥という心意気で逮捕者が出る

【セ】

▶「セクハラ」(せくはら)

…「そんなこと言われたら何も話せない」というが、最初から仕事のこと以外何も話す必要はないのだ

【そ】

▶「ソロ男」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.