2019年5月20日 12:00|ウーマンエキサイト

「ひとりで生きる」と「誰かと生きる」、結局どちらが幸せなの?

「どちらが幸せだと感じますか?」と題する投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。

「気が合わなくてもいいから誰でもいいから側にいて欲しいと感じるように」なったという、40歳過ぎのトピ主さん。一時的な気持ちかもしれないものの、「いがみ合うような相手でも誰もいないよりいいような気がしてきた」と今の心境をつづり、「一人と複数人、どちらが幸せだと感じますか?」と問いかけています。

目次

・「幸せ」の概念が悪循環を引き起こすことも!?
・「過去」や「未来」ばかり考えていると、誰でも滅入る
・「幸せ」と「不幸せ」は、常に表裏一体

「ひとりで生きる」と「誰かと生きる」、結局どちらが幸せなの?

©weerapat1003 - stock.adobe.com


「幸せ」の概念が悪循環を引き起こすことも!?

「幸せ」って誰もが考えるテーマですよね。古今東西、様々な人がこのテーマについて語っています。例えば、作家ジュール・ルナールは「幸福とは、幸福を捜すこと」だと述べていますし、思想家のソローは幸せを“蝶”にたとえ、「幸せは追いかけすぎると遠のく」といったことを述べています。

確かに、「幸せを捜す過程」は人生の目標へ向かう道のりでもあり、それなりに充実感もあるものです。しかしながら、「今の自分は不幸せだ」という認識からぼんやりとした幸せを追い求めている場合、人生への不満や飢餓感ばかりが際立ってしまい、逆に望むような幸せを遠ざけてしまう悪循環を引き起こすこともあります。

それに、そもそも幸せはひどく個人的で瞬間的な実感なので、「その生き方が幸せかどうか」の答えを天秤にかけるのは難しいです。状況的には全く同じ生き方をしていても、個々の捉え方次第で真逆の答えになりえますし、同じ人に聞いても、その時々の気分や状況によって答えがコロコロ変わることもある。「一人で生きるのも誰かと生きるのも、どちらも幸せ」だし「どちらも不幸せ」とも言えてしまいますよね。

ですので、「これからどうすればいいか」を考えたいのであれば、曖昧な“幸せ”という概念を軸にするのではなく、もっと具体的な自分の希望を意識していくのがおすすめです。

例えば「幸せになりたい」ではなく、「愛し合える誰かを見つけたい」と言い換えていく。今回であれば「どちらが幸せか」ではなく、「ひとりで生きるのも悪くないけれど、誰かと生きる人生も経験してみたいかも」などと願いを明確化したほうが、具体的な行動や変化も生まれてきやすいでしょう。一時的な願いだとしても、そう思うときは試しに行動してみれば、本当の願いにも気付きやすくなるはずです。

「過去」や「未来」ばかり考えていると、誰でも滅入る

「一人でいると、あれこれと鬱々考えてしまい暗くなってしまう」というトピ主さん。もしかしたら今のトピ主さんは、少し“過去”や“未来”にばかり意識を向けすぎているのかもしれませんね。中国の老子も、「落胆しているならば、あなたは過去に生きており、不安ならば未来に、平穏ならば今現在を生きている」などと指南しています。

戻りようのない過去に、どんなに悩んだところで不確かな未来。それらに意識を向けて、貴重な“今”という時間をネガティブな気持ちで過ごしてしまっている……と考えると、なんだかちょっと人生の無駄遣いをしているような気がしませんか? 

鬱々とし始めたら、「ああ、私は今過去や未来に囚われている」と気づいて自制し、目の前のものに対する“五感”を意識してみてください。「今日は天気が良くて、いい気分だな」「このランチ、めっちゃ美味しい!」などと“今”を味わってみるのですね。

具体的に先々のプランを考える時間は有意義ですが、ただ鬱々としてしまうだけの時間はなるべく減らしていきましょう。ほどよく“今この瞬間”を楽しむ習慣を身につけたほうが、人生の好循環も起きてきやすくなると思います。

「幸せ」と「不幸せ」は、常に表裏一体

最後にもうひとつ、こんな話を紹介します。ある人の家に美しい天女が現れ、「行く先々に財宝をもたらす」という彼女を主人は喜んで迎え入れます。しばらくして今度はみすぼらしい天女が現れ、「私が訪れると財産がなくなる」という彼女を、主人はすぐに追い出しました。すると、二人は姉妹だと分かり、二人ともその家を去る羽目に……。『涅槃経』の中の話ですが、要するに「幸せと不幸せは常にセット」だということです。

一緒に生きる相手を探す過程では、ひどく傷つく可能性もある。見つかっても、今度はその人や愛情を失う不安や苦しみと常に隣り合わせになる。あるいはいずれ憎み合い、いがみあうようになるかもしれない――。そうした負の可能性は、トピ主さんも十分に分かっているのでしょう。

それでも今、誰かと生きる人生を考え始めたということは、つまり“誰かと生きる幸せ”に付いてくるであろう“不幸せ”をも引き受ける準備や覚悟ができてきた……ということなのかもしれませんね。

ただし、「誰でもいい」とまで投げやりになるのはお勧めしません。刹那的な寂しさに負けてしまうと、その選択をした自分を延々と恨み続けることにもなりかねませんから。苦い経験も人生の一部、などと言うことはできますが、できるだけ「これでよかった」と思える人生を歩いていくためには、今の自分を過剰に否定せず、一日一日の喜びや楽しみに目を向けながら具体的な行動を起こしていくことが大切ではないかなと思います。

そうした”日々の姿勢”を磨きながら、焦らずこれからの人生を考えてみてはいかがでしょうか。応援しています。
(外山ゆひら)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.