2020年4月6日 12:00|ウーマンエキサイト

「他人に冷たい彼氏」との結婚が不安…本当にこの人でいいの!?

「他人に冷たい彼氏 どう思いますか」と題する女性からの投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。

20歳代後半のトピ主さんには、3年間交際している30歳代前半の彼氏がいます。彼はトピ主さんに対しては優しいそうですが、他人にとても冷たく、「人として理解できない」と思う瞬間もあるそうです。良いところもたくさんあるものの、結婚を考えると「本当にこの人でいいのか?」と思ってしまい、「別れるべきか、信じて貫くか」と悩んでいます。

目次

・どんなに“良さそう”な相手でも、自分の違和感は無視しないで
・極端な「能力主義」の人に多い、共感力や想像力の欠如
・「結婚のイメージ」は、育った家庭からの影響が大きい

「他人に冷たい彼氏」との結婚が不安…本当にこの人でいいの!?

©Asier


どんなに“良さそう”な相手でも、自分の違和感は無視しないで

投稿には、彼の嫌なところや理解できないと思う言動が具体的に挙げられています。キャッチやホストの人、しつこいアパレル店員などを毛嫌いし、陰で見下した言い方をする、太っている人を嫌う、職場の後輩にすごく冷たい……等々。他人の顔色を気にせず、言い分を通すところはトピ主さんも“一面尊敬”しているものの、「(もう少しマシな)言い方があるのでは」と思ってしまうそうです。

一方で、トピ主さんに対しては優しい彼。疲れていても毎日連絡をくれ、待たせても失敗しても怒らない。喧嘩も少ないし、仲直りもスムーズ。親も大事にしているし、友達にもまあ優しい。家事や料理も得意な上、イケメンだけど浮気しないなど、理想的な恋人とも言えそうな面も挙げられています。

「完璧な人はいない」という一文もありますが、まさにそのとおり。ただし「何を長所・美徳と感じるか」は、人によって180度違う場合もあります。はたから見て“結婚に良さそうな男性”でも、トピ主さんがそう感じられない部分があるならば、それがすべて。別れまで考えるということは、それなりに大きな違和感を持っているのだろうと推測します。それを無視して結婚を決めてしまうと、「恋人としては好き」だった彼のことが、いつか恋のムードが落ち着いた頃「人として嫌い」になってしまう可能性も

自分と一緒にいたり、子どもができたりすれば、いずれ他人にも優しくなるのではないか……といった期待も持たないのがベターです。現時点で、この性質の彼を“トピ主さんが”受け入れられるかどうかが、決断の決め手になってくるでしょう。

極端な「能力主義」の人に多い、共感力や想像力の欠如

彼の冷たさをトピ主さんが不安に思うのは、実はそちらが彼の「本質」ではないかと感じているからかもしれません。自分に優しいのは恋心や愛情があるからで、本質は冷たい人間なのではないか。もし愛情が薄らげば、自分にも同じ態度を取ってくるのではないか――。

他人を外見や職業だけで断罪したり、他人に敬意を払わない言動をしたりするのは、「能力主義」の人に多い特徴です。彼は精一杯話題を振ってくる新入社員に対して「仲良くなろうなんてしてないでさっさと仕事して」などと言うそうですね。人付き合いよりも競争や成功を重んじており、自己管理や努力ができない人間を好まないのでしょう。推測ではありますが、彼は外見や育った環境に恵まれ、能力や努力にも自信があり、真につらい状況に陥った経験が少ないために、他人の痛みをあまり学ばずにきたのかもしれません。

一方、能力が高くても、極端な能力主義ではない人もいます。「能力だけが人の価値のすべてではなく、自分にはない良さや強みを持った人もいる」と心得ているため、他人を無用に見下すことはしない。もしかしたら彼はそうした謙虚さに少々欠けており、「他人の気持ちが分からないところ」や「自分の物差しでしか世の中を測れないところ」が、トピ主さんは気になっているのかもしれませんね。

「結婚のイメージ」は、育った家庭からの影響が大きい

「自分はこんな結婚生活をするだろう」というイメージは、育った家庭から大きな影響を受けます。そのため将来の結婚相手について尋ねると、多くの人は自分の親に似たタイプを挙げたり、逆に反面教師として親と真逆のタイプを挙げたりします。

トピ主さんは結婚を考える時期になり、彼の性格が気になってきた、とのこと。もしかしたら、自分が無意識に描いていた結婚相手と彼のタイプが違うことに気づき、悩み始めたのではないでしょうか。そうであれば、「どんな相手なら自分は幸せな家庭を築けそうか」を考えてみることも、決断のヒントになるでしょう。

結婚相手を考える場合、おそらく読者のなかには、今回の彼のように「身内に優しい」「浮気をしない」「料理や家事が得意」なことが最重要と考える人もいるでしょう。他人の弱さを否定する人は自分の弱さも嫌いますので、彼は生活面で自分を律することができるタイプと推測できます。トピ主さんが「トラブルを起こさない相手」「身内重視の結婚」を望むならば、彼はそれなりに適した相手という印象も受けます。

一方で、「人として尊敬できる相手」「周りからも祝福される、安心できる結婚」を望むならば、彼が最適とは言えないかもしれません。能力がそれほど高くなくても、倫理観や道徳心を持った尊敬できる男性がいい、周囲の人に優しく、好かれる人物のほうが安心して一緒にいられる……と思うならば、別の相手を探したほうが、幸せな結婚となるように思います。

結婚してみて分かることもあるでしょうが、決断に迷う際は急がないのがベター。さまざまな観点からじっくりと考えてみてくださいね。応援しています。
(外山ゆひら)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.