2019年5月27日 12:00|ウーマンエキサイト

不釣り合いだと分かっているけれど…。“高望み”な恋を叶える方法は?

「32歳で高望みの恋をしてしまった。皆さんならどうしますか?」と題する投稿が、掲示板サイト「発言小町」に寄せられました。

半年前に異動してきた同僚男性を好きになってしまった、というトピ主さん。彼は誰もが認める外見と内面を併せ持つ、パーフェクトな男性。一方の自分は何もかも平凡で口下手、恋愛に関しては絶望的に奥手。明らかに“高望み”だと思うものの、「釣り合わない恋をして辛いという気持ちだけで過ごしたくない」とアドバイスを求めています。

目次

・“高望み”な異性を射止める人の傾向は
・褒め言葉を伝える際は、少し慎重に
・結果はどうあれ、後悔のない恋をするには

不釣り合いだと分かっているけれど…。“高望み”な恋を叶える方法は?

Kittirat


“高望み”な異性を射止める人の傾向は

恋愛経験は殆どなく、婚活しなければと思っていた矢先、久しぶりに好きな人ができた……というトピ主さん。素敵だと思える男性に出会えたのは嬉しいことですよね。投稿を見る限りでは、「きっと無理だから叶わなくてもいい」という思いと、「万が一にでも、うまくいけば」と期待する気持ちが拮抗(きっこう)しているように感じました。

まず、“高望み”な相手との恋愛が難しいのはなぜか。それは「一方的にあがめてしまい、対等になれない」のが一番の理由です。

どんなに高嶺の花だと言われる人でも、自分が恋する相手には憧れを抱きたいし、できれば尊敬もしたい。もちろん、自分を評価してくれる異性の存在は有難いし、嬉しいと感じることもありますが、過度にあがめられると自分の思っていることを素直に話しづらいですし、一方的に好かれすぎると「応えなくては」という強迫観念が生まれ、精神的にもしんどいと感じやすいです。

こうしたことから、人気のある異性へのアプローチが成功しやすいのは、「自分のあり方」に自信を持っている人が多いように思います。世間的な評価がどうであろうと、自分なりの肯定感に満たされている人は、皆が緊張してしまうような相手でも普通に接することができる。無論、それだけで成就するわけではないですが、恋のスタートラインに立つ上では大きなアドバンテージになります。

ということで、この恋の進展の可能性を探っていくのであれば、完全なる彼のファンになってしまわないことは重要かと思います。「まずは普通に楽しく話せる関係になろう」「彼がちょっとでも話したいと思える存在になろう」といったところから、ささやかな関わりを少しずつ増やしていくのがベストかもしれませんね。

褒め言葉を伝える際は、少し慎重に

トピ主さんは彼の外見ではなく、頼りがいや責任感の強さ、周囲に思いやり深く接するところに強く惹かれた……とのこと。そのように人としての魅力を感じている点については、さらりと伝えてみるといいかもしれません。人は“表面的ではない自分のよさ”を分かってくれる相手に信頼を寄せやすいですし、結果、対等な関係も築きやすいです。

ただ、褒め言葉を伝える際は少し慎重に。素敵な人は素敵だと言われることに慣れていますし、普段から望まずとも注目を浴びるなかで、無意識に心のフィルターや警戒心が育っており、“人付き合いの深さ”を適度に調整していることもあります。そこに引っかかってしまうと知人以上の距離には近づけなくなるので、褒めても必要以上には持ち上げず、努めて“普通の友達と同じ感じ”で接したほうが仲良くなれる可能性が高いでしょう。

結果はどうあれ、後悔のない恋をするには

「10年後・20年後にあの時好きになって良かったなぁと思える様に過ごしたい」とトピ主さん。そのためには、「恋心をエネルギーにして“自分事”を頑張ること」「きちんと想いを伝えて終えること」の2点が重要になるかと思います。

投稿には、この恋のために「上品な外見や仕草を学ぶ」「卑屈にならない」「婚活は始める」ことを心がけている、という記述も。前の2つは彼の好みもあるでしょうが、今「婚活を始める」という理由が少し気になりました。

「男性に慣れるために交流の機会を増やしたい」「視野を広げ、彼以外にも素敵な人を見つけてみたい」ということならば有意義だと思いますが、「彼に振り向いてもらうために、モテて自信をつけたい」という狙いならば、婚活は諸刃の剣。逆に自信を失ってしまうこともあるでしょうし、本気で視野を広げる気がなければ、「やっぱり彼ほど素敵な人はいない!」という確信を強めるだけで、結果も出にくいでしょう。

彼だけに意識を集中させる必要はありませんが、「半年くらい色々頑張って、素敵だと思える自分に成長してから想いを伝えてみよう」などと目標を立てて頑張ってみるのも一案です。少しずつ関わる中で、トピ主さんの素敵なところを彼が見つけてくれたら最高ですし、万が一、成就しなかったとしても「彼を好きになったおかげで、前より好きな自分になれた!」となれば、その後は恋も人生もより前向きに進めていけるはず。

滅多にない恋とのことですし、悔いのないよう、まずは自分の気持ちに誠実に向き合ってみてはいかがでしょうか。応援しています。
(外山ゆひら)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.