恋愛情報『バツイチの彼に結婚を決意させる3つのポイント』

バツイチの彼に結婚を決意させる3つのポイント

2018年3月7日 11:15
 

関連リンク

・わたしの彼は、結婚する気があるんだろうか。その見極め方
・【男から見た結婚のリアル】第20回 結婚が僕にもたらした変化
・「どんなメンタルしてるの…?」しつこい男性との上手な付き合い方
バツイチの彼に結婚を決意させる3つのポイント


バツイチの彼の結婚への意識は初婚の人とは少し違って、決意するポイントとなる部分も異なるでしょう。そんなバツイチの彼に、もう一度結婚したいと思わせるのは至難の業です。

今回は、バツイチの彼氏が結婚したと思うポイントを3つ紹介します。

それを踏まえて結婚をアプローチしてみてはいかがでしょうか。

毎日いても楽しいことを意識させる

これはどんな男性にも共通することですが、一度失敗している彼は結婚に対して良いイメージがなく、毎日楽しく過ごせなかった人が大半だと思います。ですから、結婚しても楽しい毎日が続くということをイメージさせるのが一番重要です。
自分の経験した結婚とこれから始まる結婚生活は全くの別物だということを認識できてはじめて、結婚を視野に入れて考えてくれるようになるでしょう。
結婚しても今と変わらず楽しい時間が続くことにポイントを置いてアピールすると、良い結果になる確率が上がります。

幸せな時間に限りがあることを伝える

毎日彼女といて幸せを実感している彼も、一度失敗しているとなかなか踏ん切りがつかなく結婚せずにダラダラ過ごすことになるでしょう。そんな彼には自分の理想の人生設計や現実的な子供や年齢のことを交えて気持ちを伝えることが大切です。
この幸せな時間には限りがあって、永遠にするためには結婚しなければならないと彼が気が付けばプロポーズも考えはじめますが、いつまでも女性が離れていかず待ってくれていると甘えが生じます。結婚のリスクばかり考え現状維持されてはいつまでたっても結婚にたどり着けないので、自分からボーダーラインを提示するのも大切です。

窮屈な制限をしないことを伝える

一度婚姻関係を解消した男性は、解放感から二度と制限されたくないと感じるものです。そんなバツイチ男性に安心感を与えるのは具体的な生活ルールや自分の譲れない部分を明らかにして、それ以上相手を制限しないことをイメージさせることです。
男性は結婚前の女性と結婚後の女性の変化を嫌うので、結婚前に想定できることは話しておくと良いでしょう。そのルールや制限が自分の許容範囲なら、男性は一気に気を許してゴールインへ近づきます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.