恋愛情報『男にとっての恋愛と「女子にとっての恋愛」のちがいについて』

2016年2月22日 15:56

男にとっての恋愛と「女子にとっての恋愛」のちがいについて

男にとっての恋愛と「女子にとっての恋愛」のちがいについて

ラブソングにときどき出てくる歌詞に「(カップルである)ふたりが、おなじものを見ている」という言い回しがあります。
恋してつきあってデートをしたら、ふたりはおなじものを見ていて「当たり前」ではないから歌の歌詞になります。当たり前のことって「言うまでもない」というか「歌うまでもない」というか「歌う必要がない」ので、そういうことは歌詞になりえないのです。
つまり「ふたりでおなじものを見ていながら、たいていのカップルはちがうものを見ている」という衝撃の事実を(!)歌っているということです。もう少し具体的にお話をしましょうか。

■睡眠時間が2時間くらいであっても・・・

たとえば元気で勢いのある若い女子大生は、大学の勉強とバイトとサークル活動に忙しいと思います。もう睡眠時間が2時間くらいであっても、それを苦にも思わずに、せっせと予定を入れていると思います。
そういう女子と付き合っている、比較的暇な男子は、忙しそうな彼女を心配そうな目で見ていたりします。おれの彼女が、サークルでセンパイ男子と浮気したらどうしよう・・・・・・というかんじで。

■歳をとればとるほど・・・

あるいは派遣社員の女子で、比較的定時に仕事が終わる人の場合。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.