恋愛情報『私って、愛されてるの?という気持ちを上手に確かめるコツ』

2020年5月29日 06:00

私って、愛されてるの?という気持ちを上手に確かめるコツ

目次

・彼はが「好き」と思ったときにどんな行動をするか?伝えてくれるときのシグナルを知る
・「客観的に見て、どうか?」を考える
・「好き?」より「好き」って伝えよう
私って、愛されてるの?という気持ちを上手に確かめるコツ


どうもあかりです。この記事を今読んでくれている人はきっと、好きな人とお付き合いをしていて、「彼氏彼女」の関係になってからも、「本当に私愛されてる?」と気になってしまいがちな人なんでしょう。

恋はそういうものですから、「そんな意味ないことやめなさい」なんて言いません。むしろ、意味もなくそういう気持ちになってしまうことがどうしてもあるからこそ、恋は難しいんですよね。

今日は、そういう気持ちになりがちな人のために、「私、本当に愛されてる?」の気持ちを上手に確かめるコツをご紹介したいと思います。

■彼はが「好き」と思ったときにどんな行動をするか?伝えてくれるときのシグナルを知る

思えば、「好き」という気持ちは、別に「好き」という言葉でしか伝わらないものではありません。

むしろ日本人なんてもともと「愛してる」「大好き」なんて呼吸するように交わし合う情熱的な人種じゃありませんから、「好き」と直接的にではなく、もっとさりげない言動でを通じて、間接的にその気持ちを伝える方が自然なんじゃないでしょうか?

例えば、デートのときに機嫌が良くて、おそらく心の中で「(めっちゃ好きだぜ!」)って思ってくれていそうなときに、は彼は手を繋いで歩いてくれるとしましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.