恋愛情報『取り返せると思ったのに!婚約破棄したときの婚約指輪の行方』

2018年12月13日 16:01

取り返せると思ったのに!婚約破棄したときの婚約指輪の行方

目次

・婚約指輪を取り返すことはできる?
・費用を別途請求できるケースも
・遠慮せず行動を
取り返せると思ったのに!婚約破棄したときの婚約指輪の行方
Aさんの友人Bさん(20代・男性)は、ある女性と婚約していましたが、さまざまな理由で「婚約破棄」を決意したそうです。

いくら理由を聞いても口を割らないため、わからないのですが、Bさんは大金を叩いて購入し、女性に渡した「結婚指輪」を返してほしいと考えていますが、相手は返す素振りも見せないそう。

Aさんに「どうすればいいのか」相談があったとのことです。「そんなん知らん!」と言いたいところですが、長年の付き合いもあり、何とかしてあげたいそう。返してもらうことはできるのでしょうか?

秋葉原よすが法律事務所の近藤美香弁護士に見解を伺いました!

婚約指輪を取り返すことはできる?

近藤弁護士:「婚約指輪を返してほしいと請求しても、返してくれない場合は、裁判での返還請求を検討することになります。もし、所有権がTさんにあるなら、返還請求が認められますが、所有権がなければ認められません。それでは、所有権は誰にあるのでしょうか。

法律的に考えると、婚約指輪を渡す行為は、贈与に該当します。贈与するということは、簡単に言えば、あげてしまうことなので、所有権は彼女のものになると考えられます。

ただし、Tさんと彼女との間に「いったん渡しても入籍しない場合には返却する」

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.