入るべき? いくらかけるべき? 学資保険のポイントまとめ

(c)Africa-Studio - stock.adobe.com

入るべき? いくらかけるべき? 学資保険のポイントまとめ

子どもが生まれたとき、多くの人が加入を考える学資保険。学資保険は必ず加入しなければいけないというものではありません。加入したからと言って必ず大きなメリットがあるわけでもないようです。加入するにしても、いくらかけたらよいのかが悩みどころではないでしょうか。入るべき? 入るとしたら、いくらかけるべき? そんな学資保険の基礎知識をまとめました。

学資保険って一体なに? 学資保険の基礎知識 

学資保険に入るべきか悩むママの素朴なギモンに徹底回答!赤ちゃんが生まれると、ベビーカーやチャイルドシートなど大きなものから、オムツや肌着などの身の回りのものまでたくさん準備するものがありますよね。毎日育児に奮闘しながら、「この子は将来どんな進路を歩むのかな?」なんてふと考えたことはありませんか?子どもの将来のために、できることなら何でもしてあげたいと思うのが親心ですが、成長するにつれて一番頭を悩ませるのが「教育費」や「習いごと代」という方もいらっしゃるのでは。洋服やベビー用品と違って、買い与えればいいものではなく、本人が将来何に興味関心をもってどんな人生を歩むのかによって、してあげられることも変わりますよね。子どもがどんな人生を望んでもそれを叶え…
学資保険は本当に必要なのか?学資保険の加入前に知っておきたいポイント子どもに満足な環境を与えるには、学費や教育費などの費用がかかります。子どもの進路によっては多額の資金が必要になることもあるので、「どうやって資金をねん出しよう…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そこで活用したいのが「学資保険」と呼ばれるものです。今回はこの学資保険の概要に加えて、メリットやデメリットなどを詳しくご紹介していきましょう。■学資保険ってどんな保険?学資保険は生命保険の一種であり、主に子どもの教育費を目的としてお金を積み立てられる保険です。学資保険に加入すると「満期」が設定されて、その満期を迎えるとまとまったお金を受け取ることができます。この際に受け取れるお金は、「給付金」…
税金面でもトク!? 教育費がムリなく貯まる“学資保険”の特徴とメリットこんにちは、金融コンシェルジュの齋藤惠です。子育て世帯の皆さんは、教育費をどのように貯めているのでしょうか?児童手当があるものの、今や「教育費は子ども一人1,000万円かかる」とも言われており、この先少子化が進めばますます教育費が増加する懸念もあります。今回はそんな不安を保険でカバーしてみませんか?というご提案です!●義務教育以降が高い!? 早めの備えが肝心!進路の違いによる変動はあれど、一般的に教育費用が増大するのは高校に入ってからと言われています。それまでは義務教育のためそれほどお金がかからなかったものが、高校入学を機に、入学金や授業料まですべて一気に加算されます。『生命保険文化センター』…
「学資保険or積立預金」本当に教育費の準備になるのはどっち?子どもを授かると、親としていちばん最初に考えるのが「教育費の準備」ですよね。できる範囲で希望の教育を受けさせてあげたい。親ならば誰もが思います。そこで最初に検討されるのは「学資保険」ではないでしょうか?学資保険は、いろいろある生命保険のなかでは、比較的好印象な保険ではないかと思います。しかし、この学資保険、本当に教育費の準備になるのでしょうか?なぜ日本人が学資保険に対して好印象なのかといえば、学資保険が積立代わりだと思っているからでしょう。■学資保険でいくら戻ってくるのか計算すべしその昔、郵便局で学資保険に入ると、満期の時に倍ぐらいになって戻ってきた時代がありました。インフレ率等を考えてきても…
5分でわかる!家計簿相談室 『シングルマザーで子ども2人を育てています。学資保険に入っておくべき?』【ご相談】シングルマザーで子ども2人を育てています。学資保険に入っておくべき?シングルマザーで娘2人(7歳、5歳)を育てています。生活が苦しく、家計簿をつけてみても、毎月のお給料ではやりくりができていないのが現状です。娘たちの将来のためにお金を貯めたいのですが、学資保険など普段よく聞く保険などは詳しい内容がいまいちわかりません。入っておいた方がよいと言われるのですが、今からでも遅くないのでしょうか。入るのが遅いと、月々の積立額は子どもが大きくなるにつれてどんどん高くなるのでしょうか。知り合いのシングルマザーは、毎月私よりも少ないお給料で子ども2人(同年代)を育て、貯蓄までできているとのことでし…
【知って得する!保険の基本】学資保険に入るのに最適な時期とは学資保険は、お子さまの教育費に備えるのに有効な貯蓄性の高い保険です。なかには、お子さまの医療保障を重視したタイプの学資保険もありますが、ここでは教育資金を備える目的の学資保険に絞ってお話をしたいと思います。さて、学資保険に加入するにはいつがいいのでしょうか?それは、お子さまが生まれたら早いほどよい、というのが一つの答えです。現在販売されている学資保険には、お母さまが妊娠中に入れるものも珍しくありません(出産予定日の140日前から加入できる場合が多いです)。親の年齢による保険料の差はあまりない一般的に保険は、契約者の年齢が上がるほど保険料も上がっていきます。それは学資保険も同じです。けれども、学…

子どもの教育費、どれだけかかるか知りたい!

子育てに必要な費用を徹底解説!出産から大学卒業までの養育費と教育費子どもが生まれてから独り立ちするまで、子育てにかかる費用はいくらくらいなのでしょうか。貯金したり学資保険を利用したりして、計画的に資金をためておきたいですよね。今回はその目安として、子どもが生まれてから大学を卒業するまでに必要な養育費と教育費について詳しく解説していきましょう。■子ども1人で教育費はいくらかかる?子どもを出産してから、その子どもが大学を卒業するまで、費用は1人当たりいくらかかるのでしょうか。AIU保険会社『現代子育て経済考』2005年度版のデータを参考に見ていきましょう。【養育費】養育費とは、子どもが毎日生活するために必要な費用のことです。まず出産・育児に子ども1人当たり約91…
子どもの教育費を運用でつくる! コツコツ投資で目指せ200万円!教育費は、子どもが大学入学時までに400万円を目標に貯蓄するのが基本です。でも、貯金や学資保険だけではちょっと限界を感じることも……。半分の200万円はきっちりと貯め、いまどきの低金利事情を考えるともう半分は長期的なコツコツ投資を検討してもいいでしょう。リスクを抑えて一定額を買い続ける投資をご紹介します。コツコツ投資でふやす毎月一定額買うのがおすすめですここでおすすめするのは、ギャンブルのように投機的に売ったり買ったりするのではなく、投資信託や外貨を毎月一定額購入していく“ドルコスト平均法”。この方法なら、高いときは少なく、安いときはたくさん買えるメリットがあるため、長く運用することで、ふやせ…
大学4年間の費用、いくら貯めると安心?(本当に得する学資保険の選び方特集1)ファイナンシャルプランナーの竹下さくらさんはこう話す。「最近、教育費に関わる相談がジワリと増えています。『子どもが大学に入って、教育費と住宅ローンで家計がキツキツ。どうすればいいでしょう?』といったお話は多いですね。大学の費用は、まとまった金額が必要ですから、子どもがまだ小さい頃から準備を始めるのは、とても大事なことなんです。」今回は、子どもの大学の費用づくりについて、お話を伺った。■大学4年間の費用、文系か理系か、自宅から通うか下宿かで違いをチェック今、子どもが赤ちゃんだったとしても、「大学に入る年齢」は必ずやってくる。その時になって慌てないように、まずは大学の費用がどれくらいかかるか、目安…

学資保険で貯蓄はできるの?

先輩ママが伝授! 意志の弱い人がやるべき教育費の貯蓄法 【パパママの本音調査】 Vol.36住宅費と同じくらいお金がかかるのが、子どもの教育費。中でも学資保険に加入している人は多くいると思います。子どもが生まれて忙しいし、ちょっと落ち着いてから……なんて考えていると、あっという間に月々の支払額は高額に。妊娠中から考えておきたい「学資保険」について、先輩ママたちに調査しました。Q. 学資保険、入ってる?1.加入している・加入する予定 67.2%2.加入していない・加入しない予定 30.1%3.わからない・どちらとも言えない 2.7%67.2%が学資保険に加入している・加入する予定という結果になりました。学資保険は生まれてすぐに入った方が、毎月の保険料も安くおさえられることが多いので妊娠…
【知って得する!保険の基本】Q:学資保険の返戻率とは何ですか?また、学資保険の契約内容によって返戻率は変わりますか?質問:学資保険の返戻率とは何ですか?また、学資保険の契約内容によって返戻率は変わりますか?学資保険の返戻率とは、支払保険料総額に対して、受け取れる保険金(祝い金や満期保険金)総額の割合のことです。学資保険に限らず、貯蓄型の保険を検討する場合、多くの方が返戻率を一つの指標にされています。この返戻率は、保険料の支払期間や支払方法、「祝い金」や「満期保険金」の受取時期によっても変動しますので、パンフレットに記載されているモデルプランの返戻率だけでなく、希望条件にもとづいて作成された「保険設計書」で確認するようにしましょう。返戻率とは返戻率を算出すると、受け取れる予定の祝い金や満期保険金などの総額が、…
学資保険でコツコツ!? 世間が貯めている“子どものための貯金額”の実態子どもを育てるのにはお金がかかるもの。成長していくに従って必要になる教育資金は増えていきます。児童手当は支給されるものの、それだけではまかなえないのが現状です。それに、「子どもにより良い教育を受けさせてあげよう」と思えば、どんどん必要なお金は増えていきますよね。だからこそ、お金がかからない小さいうちから子どものための貯金をしていくことが大切です。でも、よその家庭は一体いくらくらい子どものために貯金しているのか気になりますよね。かといって直接友達に聞くのもためらわれるでしょう。そこで、女性のためのコミュニティサイト『ガールズちゃんねる』に立ったトピックスが、「子供のための貯金どのくらいしています…
児童手当の使い道、「子供の口座に貯金」が41.9%で最多--「学資保険」が続くマザーファーストは6日、クラウドソーシング「ママタント」のアンケートサービス「ママタントリサーチ部」にて実施した児童手当に関する調査結果を発表した。それによると、母親の46.8%が児童手当の金額に「不満はない」と回答した。○児童手当以外の支援、「保育・幼稚園料の無償化」が多数児童手当の対象となる子供は何人いるかと尋ねたところ、「1人」が53.2%、「2人」が33.9%、「3人以上」が11.3%、「3人以上」が1.6%となった。現在、児童手当として支給されている金額に不満はあるかと聞くと、「不満はない」は46.8%、「どちらでもない」は38.7%で、合わせて85.5%は特に不満を持っていないこと…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.