もしかしたらあなたも!? ダメ妻にありがちな特徴まとめ

© Edenwithin - Fotolia.com

もしかしたらあなたも!? ダメ妻にありがちな特徴まとめ

家事をしない、実家大好き、食事はいつもレトルト…そんな奥さんでも、それをカバーできる良い点があればいいのですが…。家事も育児も全てを完璧にできる女性はそうそういるものではありません。しかし、結婚後自分のエゴが思うようにコントロールできていない、そう感じているのなら、要注意かもしれません。そんなつもりはなくても、もしかしたら知らないうちにあなたもダメ妻に認定されているかも? 夫や世間が考える、はたまた夫婦間系を壊してしまう「ダメ妻」とは?

話題のモンスターワイフ…危ないのはこんな妻

コワッ! って私も…? 女性に潜む「イヤな女」の部分【シリーズ・モンスターワイフ 第1回】寄せられる数々のお悩みから、女性側にドス黒い闇の共通点があると感じる「恋人・夫婦仲相談所」所長・三松真由美さん。彼女たちに共通する闇とは? 全ての既婚女性に送る、女性がうちに秘めるモンスターの実態を解明します。「モンスターワイフ」という本を書いた理由夫婦仲相談所に寄せられるお悩み相談を読んだり、対面相談に来られるかたの様子を見つめていると「わかる、あなたの気持ちは痛いほど伝わります…」とうなづいて共感する反面、心の闇の奥底にひとつ、漆黒でカチコチに固い玉のようなイメージの「怖さ」を感じ取ることがありました。夫と平和に暮らしたいのに、新婚の頃の仲良い二人に戻りたいのに、どんどん夫と遠ざかるジレン…
夫を生かすも殺すも妻次第? 愛され妻の「褒め力」と「笑顔力」【シリーズ・モンスターワイフ 第9回】前回は、夫婦間の問題改善に何よりも大切なのは、お互いの考え、気持ち、要望を理解すること。「モンスターワイフ」から「愛され妻」に変身していくためには、夫の要望を叶える最大公約数的なテクニックをお伝えしました。今回は、さらに凝り固まった夫婦関係をもみほぐすための「愛され妻の褒め力・笑顔力」についてご紹介しましょう。■愛され妻がやっている「夫褒めテクニック」「人間は褒められれば伸びる」。教育の分野では耳にタコができるほど聞く言葉です。これは夫婦関係においてもまた然り。誰だって褒められたいものではありませんか。自分がして欲しいことは、相手もして欲しいことです。褒められてうれしくなった相手は、確実に良い…
もう耐えられない! 自分の中の“モンスターワイフ”を追い出すには?【シリーズ・モンスターワイフ 第7回】前回まで、さまざまな種類のモンスターワイフをご紹介してきました。いよいよ、モンスターワイフ撃退のための方策を説明します。自分の中のモンスターの存在を常に自覚し、「これは夫の目にどう映るだろう」「同じことを自分がされたらどう感じるだろう」と予測しながら、改善策を実行に移していってください。■感情より理性で導く、「紙に書き出す」で悩みを整理悩んでいる妻たちの悩みごとは、一つではありません。複数の悩みや心配ごとが頭の中で渦を巻き、何に悩んでいるのかさえ分からなくなっています。イライラ・モヤモヤはモンスターの卵。夫のやることすべてが気に障ります。本当に問題なのは何なのか。その点をクリアにするためには、…

あなたは大丈夫?ダメ妻認定される前に要チェック

オバサンじゃん! 女性がドン引きした「ダメな妻」6選フルタイムで働くのをやめたり、家事の割合が増えたりと、結婚すると女性の生活は大きく変化しますよね。その中で、女性から見て思わずドン引きしてしまった「妻」がいるようです。女性のみなさんにアンケートで聞いてみました。■女を捨てている・「女子力が低下している……」(23歳/医療・福祉/専門職)・「自分が女性だということを意識しなくなった人」(31歳/自動車関連/販売職・サービス系)・「ママになった途端、身なりを気にしなくなって太ってオバサン化」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)結婚してもキラキラと輝いていたい女性にとって、女子力が低下した妻は反面教師ですよね。すっかり女を捨ててしまった様…
デキる妻ほど愛されない!? 完璧主義なあなたに捧ぐ「ダメ妻」のススメ美人で家事もそつなくこなし、仕事もバリバリ。そんな完璧な妻であるにもかかわらず、「旦那が家に帰ってこない」、「浮気された!」という奥さまは多くいます。完璧な奥さまのいったいなにが不満だというのでしょうか?まずは、少々身勝手な旦那さまの意見をきいてみましょう。妻が完璧であるほど心が離れていく理由1: 自分のことをまったく頼ってくれない男性は、好きな女性から頼られたいと思っています。妻の前ではヒーローでいたいにもかかわらず、なんでも自分1人でできてしまう妻の前ではなすすべもありません。自分の存在価値を見出せず、浮気に走ってしまうのです。2: 夫にも理想を求めてしまうデキる奥さまは、なんでも完璧にこ…

結婚後に変わった…と思われていませんか?

スパッツはオバサン? 夫が妻にやめてほしいファッション4選女性が夫のファッションについて女性同士で盛り上がることや、ダメ出しをすることは少なくありませんが、男性は自分の妻のファッションについてどの程度の興味があるのでしょうか?夫に自分のファッションについてどう思われているのか、女性としてはちょっと気になるところですよね。そこで、「こんなファッションはやめてくれ」というものがあるのか、20代〜40代の既婚男性にインタビューしてみたところ、「似合っていればどんなファッションでもいい」「特に不満はない」という方が多かったです。しかし、中には不満を抱えている男性もいるようで……。今回は、既婚男性に聞いた「妻にやめてほしいファッション」をご紹介したいと思います…
それは絶対ダメだろっ!! 結婚後、妻に裏切られたこと・6選結婚生活を続けていくうちにわかる相手の本性。それがいい面に現れればいうことなしですが、裏切られたと思うほどマイナスな部分が見えてきたら「こんなはずではなかったのに」という気にもなりそう。今回は、既婚男性たちに「結婚後の妻の裏切り」について聞いてみました。■暴言を吐くようになった・「扱いが変わった。言いたい放題になったというか、一方的に悪者にすることが多くなった」(37歳/情報・IT/技術職)・「非常に暴言や暴力的な行為が多かった」(38歳/学校・教育関連/事務系専門職)一緒にいることに慣れて遠慮がなくなってきただけなのか、それとも本性を隠していただけなのか、結婚後に妻が言いたい放題になったとい…
……マジかよぉ!! 夫にダメ出しされる「妻の残念な変化」4選愛するパートナーとはいえ、結婚して何年も経ってくると、外見も変貌してくるもの。見た目だけでなく行動まで変化があらわれると、相手に対してときめく気持ちが薄れてきてしまうかもしれませんね。結婚後、パートナーに「異性としての魅力がなくなってしまったと感じた瞬間」について、男性の本音を探ってみました。■太ってきた・「だんだんと太ってきているのに痩せようと努力をしない」(35歳/通信/事務系専門職)・「太ってきたのに自分磨きをしない」(31歳/自動車関連/技術職)・「体型が崩れても気にしない。下腹が出てきても恥ずかしいと思わないなど」(39歳/その他/営業職)結婚した当初の見る影もなくなるくらい太ってし…

夫婦喧嘩にも礼儀あり、ダメな妻のNG言動とは

極論は言っちゃダメ!「夫婦ゲンカ」でのNG行動4つ #09【逃げられ妻】source:仲の良い夫婦であっても、ずっと一緒に過ごしていれば、ときにはケンカになってしまうこともあるでしょう。ケンカ中はついカッとなって冷静な行動が取れなくなったりもするので、“修復不可能な状態”になってしまわないように注意も必要です。そこで今回は、夫婦ゲンカでのNG行動を紹介します。 「夫婦ゲンカ」でのNG行動4つsource:(1)何日も「長引かせる」ケンカをいつまでも長引かせてしまうと、仲直りをするタイミングもどんどんなくなっていってしまいます。基本的には翌日以降には持ち越さないようにして、その日のうちに解決するようにした方がいいでしょう。日をまたいでしまったり、何日もケン…
絶対ダメ!夫の「プライドをへし折る」妻のNG言動4つ #06【逃げられ妻】source:男性はプライドの高い生き物なので、そのプライドをへし折られるようなことをされるのを何よりも嫌います。妻の放った何気ないひと言によって、夫のプライドを傷つけてしまうこともあるので、そこは十分に注意が必要でしょう。そこで今回は、夫の「プライドをへし折る」妻の言動を紹介します。 夫の「プライドをへし折る」妻の言動4つsource:(1)「○○さんの旦那さんはすごく稼いでいる」男性は他の男性と比べられることをとても嫌います。しかも、比べられたうえに自分の方が劣っていると言われたりしたら、プライドはズタズタに傷つけられ、イラ立ちや怒りも湧き起こってしまうことでしょう。特に、仕事や…
これだけはやっちゃダメ! 夫婦間に亀裂が入る「毒妻」チェックリスト好きで結婚したのに、どうしてうまく行かないの⁉そう悩んでいる女性はいませんか?もしやその原因はあなたにあるのかもしれません。今日は、離婚を取り扱う仕事をしている筆者が、「うまく行かなくなる原因」をピックアップして紹介いたします。子どもの目の前で夫をなじる大人のケンカは大人だけで行いましょう。子どもが見ている前であえて詰る必要はありません。お子さんの半分は夫のDNAでできているのですから、お子さんとしても複雑です。自分の父親の時代と夫を比べる就職すれば定年退職まで安泰で、お給料もだんだんと上がっていった昔の時代と今を比べるのはよくありません。節約すれば家計は安泰だと思っている節約を頑張るのはいい…
夫婦喧嘩、被害者は自分だけではなく“二人”と思え【前編】素敵な男性と出会って結婚する…それはとても幸せなこと。けれども育った環境も価値観も性別も異なる赤の他人同士が一つ屋根の下で、長期間にわたって生活を共にすることになれば、衝突を避けることはできません。相手の行動や習慣に「あり得ないーー!」と心のなかで叫ぶこともあるでしょう。宇宙人と暮らし始めるようなものなのです。現在は、3組に1組の夫婦が離婚という結末を迎える時代です。愛し合って結婚した男性との関係が、結婚したことですれ違ってくる。恋愛期間と結婚後では、男女間の関係はガラリと変わります。家族になる使命があるのですから、愛だの恋だのだけでは乗り切ることができない場面が多々出てきます。そしてそのつど…
いつもの夫婦喧嘩から離婚に⁉ リスク回避と仲直りするための方法「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」と言いますが、一時的ですぐに仲直りができるような喧嘩ばかりとは限らないのも、夫婦喧嘩です。よく「男性(女性)の怒るタイミングが分からない」と言う言葉を聞きますが、喧嘩に発展するきっかけが分からないのですから、両方が同じタイミングで解決でるわけがありません。そうです、いつまでもモヤモヤが抜けないことも多く、その夫婦喧嘩がきっかけで離婚に発展するケースは決して珍しいことではありません。夫婦喧嘩で離婚になる?そもそも夫婦喧嘩くらいで離婚なんて……と思う人もいるかもしれませんが、簡単に考えてはいけません。カッとなって発した一言が、態度が、愛情を冷めさせる原因になっているのです。…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.