これって少なすぎ⁈ 旦那の小遣いの平均金額まとめ

(c) liza5450 - Fotolia.com

これって少なすぎ⁈ 旦那の小遣いの平均金額まとめ

収入や子どもの人数、家のローンなどによっても変わると思いますが、旦那の小遣いの平均はどれくらいなのでしょうか。特に節約を考えると削れる部分が旦那の小遣いしかないということもあります。また、お小遣いに仕事上の交際費が含まれるのか、趣味なども含むのかは家庭によってそれぞれ。そこで、みんなの夫の小遣いの平均をご紹介します。 

少なすぎ? あなたはどう思いますか。夫のお小遣いの平均額

サラリーマンのお小遣い、希望額は昼食込みで「4万8,477円」 - 現実は?ビザ・ワールドワイドはこのほど、「お小遣いに関する調査」を実施し結果を発表した。調査は8月7日~12日、妻から夫へのお小遣い制である全国の30代~50代の既婚サラリーマン1,854名と既婚女性618名を対象に行われた。○サラリーマン約2人に1人が、お小遣いに不満はじめに、自身の"お小遣い"に満足しているサラリーマンがどのくらいいるのか調べた結果、半数以上が「かなり不満(14.8%)」「どちらかといえば不満(37.5%)」と回答した。昼食を含むお小遣い平均は3万1,091円と、希望金額4万8,477円との間に1万7,386円もの差があることが判明した。その一方で妻が妥当と考える夫のお小遣いは3万…
夫の年収800万円? でも夫の小遣いは37,000円。結婚後の夫婦の「ちょうどいい」とは?昨日は、いい夫婦の日。いい夫婦の日といえば、2人の今後について考えるとき。家庭に入るとなかなか周囲の「ちょうどいい」が見えづらくなり、「本当はお小遣いがもっとほしい」や「旦那の年収低いな…」と感じてしまうこともあるだろう。そこで家族や夫婦の「ちょうどいい」を20代~50代で二人暮らし、もしくは子育て中の夫婦430名を対象に“イクメン”雑誌「FQ JAPAN」編集部がインターネット調査した結果から紐解いた。●妻が考える、夫の「ちょうどいい」年収の平均は8,140,474円。驚きの800万円越え!?「ちょうどいい」と思う配偶者の年収について夫・妻にそれぞれ聞いてみたところ、平均値は妻が考える夫の年…
夫のお小遣い、平均額は「3万6,909円」 - 増やしたい? 減らしたい?フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールドは、30代~40代の主婦を中心とした同社サービス登録の既婚女性会員831名(平均年齢45歳)を対象に、「夫のお小遣い」についてのアンケート調査を実施し結果を発表した。調査期間は6月10日~16日。○夫68.4%が「お小遣い制」- 平均額3万6,909円夫が自由に使えるお金についてどのようにしているか尋ねたところ、およそ7割が「お小遣い制(68.4%)」と回答し、その「お小遣い額」は、30代以下では実に4人に3人が「30,000円以内(75.0%)」だったのに対し、40代以降では「30,001円以上」が5割超という結果となっ…
「夫のお小遣い額」の平均は35,890円、約4割が「昼食代込み」と回答営業支援や市場調査を実施しているソフトブレーン・フィールドは、11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、同社登録の20代から60代の既婚女性会員(868名)を対象に「夫のお小遣い実態調査」を実施した。調査期間は11月6日から11月12日。「家計の管理」について尋ねたところ、妻が家計を管理している割合は72.0%、夫が家計を管理している割合は10.1%、2人で家計を管理している割合は17.9%という結果になった。妻の家計管理の大変さを理解しない夫も多く、「以前は、私がやりくりして、旦那に小遣いを渡していたのですが、ケンカが絶えなくなったので、旦那にやりくりを任せて大変さを分かってもらうことにしまし…
冬のボーナス、夫に小遣いを「渡さない」が51% - 昨冬から平均6.7万円減ネオファースト生命保険は、全国の20~50代のサラリーマン世帯の主婦500名(各年代ごと125名 平均年齢39.5歳)を対象に、「2014 年冬のボーナスと家計の実態」をテーマとしたアンケートを実施し結果を発表した。調査期間は2014年12月13日~16日。○今冬のボーナス手取り額、昨冬から6.7万円減調査ではまず、今冬のボーナス手取り額について質問したところ、「25~50万円未満(34.4%)」が最多で、次いで「50~75万円未満(24.8%)」「75~100万円(14.2%)」と続き、平均金額は60.1万円と同調査開始以来最低を記録。昨冬から6.7万円ダウンする結果となった。○ボーナスの使…
結婚後のお小遣い、平均は夫が3万855円 - 妻は?オリックス銀行はこのほど、「家計管理の実態」に関するアンケート調査の結果を公表した。同調査は、全国の20歳以上の既婚男女を対象に、7月23日から25日にかけてインターネットを通じて実施。1,661人から有効回答を得た。○妻は社会進出、夫は家庭進出?「家計管理の実態」については、昨年の調査と同様に「妻が管理」している家庭が56.2%と最も多いものの2年連続で下降した。一方、「夫が管理」している家庭は、前年度比1.7ポイント増加29.3%となり、2年連続で上昇した。「夫婦の小遣い事情」に関する調査では、夫は55.0%が小遣い制と、根強い結果となった。しかし、2年前からの推移をみると減少傾向が伺えた…
夏のボーナス平均額、過去最低の61万円 - 夫の小遣い「0円」が5割損保ジャパンDIY生命保険は5日、サラリーマン世帯の主婦を対象に実施した「2012年夏のボーナスと家計の実態調査」の結果を発表した。同調査は、6月8日~13日の期間にインターネット上で行われ、20~50代の主婦500名から有効回答を得た。それによると、今夏の夫のボーナス平均手取り額は、昨夏より6万5,000円減少した61万1,000円で、2002年の調査開始以来最低を記録。金額帯で最も多かったのは、「25~50万円未満」の31.0%で、次の「50~75万円未満」の27.0%と合わせると、”25~75万円未満”が6割近くに上った。以下、「25万円未満」が17.0%、「75~100万円未満」が8.…

妻が理想とするお金の管理は?

夫婦円満になるには男と女どっちが「家計」を握るべきなの?月々の給料に応じて、夫のお小遣いを決定する妻がいる一方、食費や教育費など、必要なお金を受け取って、あとの支払いはすべて夫にお任せ…なんて妻がいるのも事実。 夫婦の数だけ存在するかお金の管理方法。あなたは男と女、どちらが家計を握った方が夫婦円満になると思いますか?1:家計を握るのは「妻」がいいの?(出典:株式会社リンクバル) 『恋学』が女性を対象に行ったインターネット調査「結婚後、家計を握りたいと思いますか?」によると、約半数(45%)が「自分が握りたい」と回答。夫の行動と財布の紐をキュッと引き締めたいと願う女性が多いことが分かりました。 確かに几帳面で細かい作業を得意とする女性の方が家計管理に…

海外から見た日本のお小遣い制。ええ!!この制度って日本独自なの!?

結婚後の「お小遣い制」って海外にもある? - 日本在住の外国人に聞いてみた妻が財布のひもを握り、夫にお小遣いを渡す「お小遣い制」。日本ではよく見られる家計の管理方法だが、海外ではどうなのだろうか。日本に住む外国人20人に、結婚後の「お小遣い制」があるかどうか聞いてみた。Q.あなたの母国には妻が家計を握って夫にお小遣いを渡す「お小遣い制」ってありますか? 夫婦の家計はどのように管理するのが一般的ですか?○「お小遣い制」はある!・「『お小遣い制』が一般的でしょう」(韓国人/48歳/男性)・「似たような制度があると思います。夫が妻に給料を渡すことが多いと思います」(シリア人/35歳/男性)・「あります。奥さんが家計を管理する事が多いです」(タイ人/30歳/女性)・「ありま…

ボーナスが出たら、夫のお小遣い殖やしますか?

夫の夏のボーナス額に「満足」な妻は59.6% - お小遣いは渡す?ネオファースト生命保険はこのほど、全国の20~50代のサラリーマン世帯の主婦500名(各年代毎125名、平均年齢39.6歳)を対象に実施した、「2015年夏のボーナスと家計の実態」をテーマとしたアンケート調査の結果を発表した。調査期間は6月5日~14日。○夏のボーナス平均手取額は66.5万円、理想は117.3万円今夏のボーナス手取額を聞いたところ、最多価格帯は「50~75万円未満(31.8%)」だった。次点の「25~50万円未満(22.8%)」を合わせると、「25~75万円未満(54.6%)」が半数以上を占めており、平均手取額は66.5万円となった。続いて、夫のボーナス支給額に満足しているか尋…
夏ボーナスから夫に小遣いを"渡さない"主婦、過去最高の53.2%ネオファースト生命保険はこのほど、サラリーマン世帯の20~50代の主婦を対象とした「2015年夏のボーナスと家計の実態調査」の結果を発表した。それによると、ボーナスから夫に小遣いを"渡さない"と答えた主婦は53.2%に上り、過去最高を更新した。○ボーナスから夫に渡した小遣い、昨夏より4万8,000円減今夏のボーナスの平均手取額は66万5,000円。全体の59.6%が今回の額に「満足している」と回答したが、理想のボーナス額の平均は117万3,000円で、実際の額と50万円以上の差があった。ボーナスから夫に渡した(渡そうと思っている)小遣いは平均8万4,000円で、昨夏より4万8,000円減少。ま…

夫のお小遣いを少なくしすぎると? 出世との関係は

出世の明暗が決定!? 夫のお小遣いを少なくするメリット&デメリット3つ【相談者:20代女性】こんにちは。先日、婚約中の彼(28歳)とお金の話をしました。生活費や家賃、貯金、教育費、保険料、投資額などについて話していたのですが、おこづかいの話でもめてしまいました。既婚の友人の多くが旦那に月3万円のおこづかいを渡しているということだったので、 私もそうしたいと提案したところ、彼に猛反対されました。月3万円では飲み会にも行けない、趣味にも使えない、おこづかい制でなくてもよいのではないかと言うのが彼の言い分でした。そこで、既婚男性、数名に相談してみたところ、「20代のころはおこづかい制で、金額は3万円だった」「お昼ご飯代と飲み代くらいにしかならなかったけど、苦しいのは嫁…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワードの記事一覧を見る

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.