ジブラルタ生命の評判は?デメリットやドル建て積立保険の口コミなども紹介

「ジブラルタ生命の評判や口コミを知っておきたい」
「ジブラルタ生命の保険にはどんなデメリットがあるの?」

このように気になっている人も多いでしょう。

そこで今回は、「ジブラルタ生命の保険商品へ加入するメリット・デメリット、その評価や口コミ」について 
  • ジブラルタ生命の良い評判、悪い評判
  • ジブラルタ生命の保険商品へ加入するメリットはどんな点か?
  • ジブラルタ生命の保険商品のデメリットはどんな部分か?
以上のことを中心に解説していきます。 

この記事を読めば、ジブラルタ生命の保険商品を選ぶ際のコツや注意点について、良くおわかりとなることでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。 

ジブラルタ生命の評価は?


ジブラルタ生命が販売する商品は、非常に柔軟な保障プランを設定できることで人気があります。
その人気の一つが、ご自分に合った保障を必要な分だけ組み合わせる「オーダーメイド設計」です。 

ジブラルタ生命は、保険の専門的知識の高い営業職員「ライフプランコンサルタント」を育成し、申込希望者一人一人のライフプランや収入に合わせて保険を設計できるよう日々研修を行っています。 

また、その柔軟性は個人のお客様だけではなく、公益財団法人「日本教育公務員弘済会」と提携関係にあることからもうかがえます。 
ジブラルタ生命は、教職員のための共済事業の委託を受ける等、他の生命保険会社とは異なる事業展開を行っています。 

このように、個人にはオーダーメイド設計で信頼を集め、教職員のための共済事業でその福利厚生の頼もしいパートナーになる等、高い評価を得ています。

ジブラルタ生命の公式サイトはこちら

ジブラルタ生命の良い評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

資産運用には最適な外貨建て商品が多い

資産運用の一つの手段としてジブラルタ生命の外貨建てに加入しようと以前から思っていました。保障設計もしっかりしていてリスク分散の方法も多く、安心して資産運用できるという印象を受けたので加入を決めました。

ライフプランコンサルタントの対応がとても良く信頼できます。

担当のライフプランコンサルタントの対応がとても良く信頼できます。外貨建て初心者の私でもわかるように一から解説してくださって納得のいく保険設計ができました。

ジブラルタ生命のドル建て保険の評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

利回りが良いのはもちろん、資産運用と保障両方の役割を果たしてくれるので良い

外貨建てなので利回りが良いのはもちろん、資産運用と保障両方の役割を果たしてくれるので良いなと思います。リスクも最低限に抑えながら運用しているので今のところ損はしそうにありません。

ジブラルタ生命の医療保険の評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

長期入院にも備えられるのが魅力的でした

三大生活習慣病の場合、支払い日数無期限で保険金を受け取ることができるのが魅力的でした。長期入院が不安だった私には最適でした。

ジブラルタ生命の生命保険の評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

家族に年金を残せるというのが決め手でした。

自分が万が一の時、家族に年金を残せるというのが決め手でした。年金なら毎月決まった額が入りますしその方が自分たち家族にはあっているかなと思いました。

ジブラルタ生命の保険商品に加入するメリット


保険利用者の評価が高いことは前述した通りです。

この保険商品への加入を本格的に検討している皆さんは多いはずです。 

ジブラルタ生命の保険商品へ加入するメリットは大きく2つあります。 

こちらでは、

ジブラルタ生命の保険商品は、ライフステージに合わせて自分に合う保険を設定可能
外貨建て保険で将来、効率的な資産形成が期待できる

について解説します。 

ライフステージに合わせて自分に合う保険を設定できる

ジブラルタ生命が考える生命保険には4つのステージがあります。 
  1. 保険加入まで
  2. 加入後のフォロー
  3. 被保険者がいざという時の保険金(給付金)のお届け
  4. 保険金(給付金)を届けた後
つまり、申込希望者が保険に加入すれば、お客との付き合いが終了するわけではありません。
加入後しばらくしてから、ご自分ののニーズに合った商品の相談ができるのがメリットです。
 
例えば医療保険の場合なら、オーソドックスな保障で契約していたものの、ご自分が中高年に差し掛かり「生活習慣病」のリスクが高まった時、本当に現在加入中の保険で備えが十分なのかを相談できます。 

この場合は、ライフプランコンサルタントから生活習慣病に手厚い保障が提案されることでしょう。

このように疾病のリスクが高まる年齢で、その時の自分に合った保険を設定しやい強みがあります。 

もちろん、いざという事態で保険金(給付金)を受け取った後の相談も可能です。
不安があればどんどんライフプランコンサルタントに聞いてもらい、アドバイスを受けましょう。 

高利率なドル建て保険で将来の資産形成に期待が持てる

ジブラルタ生命では外貨建て商品を多数販売しており、米ドルで運用する終身保険・個人年金保険が人気となっています。 

終身保険の解約返戻率、個人年金保険の受取率は米ドルによる運用が上手くいけば、170%を超える非常に高い割合となるケースもあります。 
円建ての終身保険や個人年金保険の場合、返戻率(受取率)110%を超える商品は非常に稀です。 

そのため、保険で積極的な資産運用をしたい方々に、この米ドル建て商品は最適と言えます。
もちろん払い込む保険料、保険金・年金の受け取りは日本円で可能です。 

ジブラルタ生命の保険商品に加入するデメリット


ジブラルタ生命は単に保険商品の販売だけでない、お客に寄り添ったアフターフォローが魅力的と言えます。

しかし、保険へ加入する際には気を付けるべき点も存在します。

こちらでは 
  • ライフプランコンサルタントにも経験の差・個性の違いがある
  • ドルで運用する保険商品にはリスクも存在する
について解説します。 

ライフプラン相談員によってサービスの違いがある

ライフプランコンサルタントは保険利用者の身近な相談員として、豊富な専門知識を有する方々が多いです。

女性スタッフの比率も高く、充実した研修制度で相談員の品質の確保に努めています。 
親しみやすく頼りがいのある相談員が、数多く在籍しているのは事実です。

しかし、相談員も人間である以上、個々人の能力・性格が一律ではありません。
 

中には、お客に寄り添った対応がとれない相談員も存在するかもしれません。
そんな時は、ジブラルタ生命へ担当相談員の変更を申し知れた方が良いでしょう。 

ドル建て保険については為替リスクがあることを理解する

前述したように、ドルで運用する保険商品は通貨発行国アメリカの景気が良ければ、返戻率(受取率)は大幅UPが見込める商品です。
 

しかし、この外貨を利用した保険商品は、「為替変動」に大きく影響される点へ注意が必要です。 
たとえ、運用している通貨発行国の景気が良くても、受け取りのためドルから日本円へ両替する際、急激な円高が進行することもあります。

つまり、せっかく運用したお金が期待していたほど受け取れなかった、と言う事態がケースはあり得ます。 
逆に、ドルから日本円へ両替する際、急激な円安が進めば保険利用者の予想を大きく上回る利益が得られることでしょう。
 

一方、通貨発行国の景気が悪くなれば、もちろん受け取る保険金等の返戻率にも大きな影響をあたえます。 
運用がうまくいかなければ最悪の場合、「元本割れ」という払い込んだ保険料より受け取るお金が少ない、という結果になるケースもあります。 

ドルで運用する保険商品は、「ハイリスク・ハイリターン」の商品であることに十分納得してから申し込みをした方が良いでしょう。

ジブラルタ生命と他社保険との比較


こちらではジブラルタ生命の販売するドル建て保険商品と、他社の外貨建て商品の特徴を比較してみましょう。

 

外貨建て商品契約通貨特徴
ジブラルタ生命「米国ドル建特定疾病保障終身保険」米ドル三大疾病の保障を米ドルで運用しながら備える終身保険
ソニー生命「米国ドル建終身保険」米ドル為替手数料が1ドルにつき片道1銭、往復2銭と業界最低水準の終身保険
メットライフ生命「USドル建て終身保険ドルスマート」米ドル積立利率は最低保証年3%で、市場金利が下がっても安心の終身保険
大樹生命「ドリームフライト」米ドル・豪ドル積立利率が10年固定で、安定した老後の資産形成ができる個人年金保険。

いずれも個性豊かな商品ばかりです。
ジブラルタ生命の扱う「米国ドル建特定疾病保障終身保険」では、三大疾病になった場合「特定疾病保険金」が受け取れます。 

保険金は被保険者の死亡・高度障害状態だけでなく、三大疾病に数えられる「がん・急性心筋梗塞・脳卒中」という深刻な病気を発症も受け取れます。

(参考)ジブラルタ保険で保障対象内になる不慮の事故例を紹介


ジブラルタ生命の死亡保険(定期保険・終身保険)、医療保険等では病気による死亡・入院治療の他、「災害(不慮の事故)」による死亡・入院治療も保障されます。 

ジブラルタ生命ではこれらの保障を「災害死亡保険金」「障害給付金」「災害入院給付金」 「特定損傷給付金」などと呼んでいます。

この保険金・給付金が受け取れる事故例は主に次の通りです。

  • 鉄道事故による死亡または傷害を負った場合
  • 自動車交通事故による死亡または傷害を負った場合
  • 水上交通機関の事故による死亡または傷害を負った場合
  • 航空機事故による死亡または傷害を負った場合 
  • 医薬品や生物学的製剤による不慮の中毒で死亡または傷害を負った場合 
  • 医療機関による外科的および内科的診療上の患者事故で、死亡または傷害を負った場合 等 
交通事故や中毒事故の他、医師等が起こした治療の際の事故でも適用されます。

どのような事態が災害(不慮の事故)に当たるかは、保険担当者へ詳しく聞いておいた方が良いでしょう。 

まとめ:ジブラルタ生命や保険商品の口コミ・評判


ジブラルタ生命の保険商品へ加入するメリット・デメリット、その評価や口コミについて解説してきましたが、いかがでしたか。

今回は
  • ジブラルタ生命は、保障を必要な分だけ組み合わせる「オーダーメイド設計」が人気である 
  • 保険の専門的知識の高い営業職員「ライフプランコンサルタント」の質も高い
  • ジブラルタ生命の保険商品はライフステージの変化に伴い、より自分に合った保険を設定可能である
  • 商品によってはハイリスク・ハイリターンの商品もあることに注意する 
でした。 

ジブラルタ生命は便利なオーダーメイド設計と、質の高い相談員が数多いので、保険利用者は加入後も、安心してまさかの事態に備えられ、または資産運用を行えることでしょう。 

しかし、ジブラルタ生命の販売する生命保険によっては、大きな損失を出すリスクの伴う商品もあることに注意しましょう。 
加入前にライフプランコンサルタントの方々とじっくり話し合い、納得した上で申し込むことが大切です。 

「自分でどんな保険に入るべきなのか判断できない...」という方は、無料保険相談の利用がおすすめです。
おすすめの保険相談窓口については、以下の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひ読んでみてください。

おすすめの記事