無料保険相談のおすすめ人気ランキング!評判・口コミで比較

保険相談したいんだけど、どこでやったらいいの?
保険の見直しに失敗したくない

このように考えている人が多いと思います。
また、コロナで人に会いたくないから保険相談をしようか迷っているという人もいるでしょう。 

実は、直接専門家に会わなくても、オンラインで保険の無料相談をできるサービスが増えているんです。
そこで今回は、オンライン相談ができるかつ保険のプロからみておすすめの無料保険相談窓口をご紹介します。


そのほかにも

  • 保険相談はなぜ無料でできるの?
  • 無料相談と有料相談どちらがおすすめなの?
  • 保険相談の前にしておく準備は?

など、気になるであろう疑問も解消していきます。  

保険相談で失敗したくない」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 

保険に入りたいなら保険相談窓口を利用しよう



保険に加入する際には、まず保険相談窓口を利用しましょう。 

よくあるのが保険会社の営業マンに相談することですが、この場合だと1つの保険会社の情報が得られません。また、その保険会社の商品しか勧められず本当にご自身に合った保険ではない場合もあります。


そこでおすすめなのが保険相談窓口です。保険相談窓口ですと、様々な会社の保険を見比べることができ1番ご自身に合った保険を選ぶことができます。


保険相談窓口のメリットは他にも疑問点や不明な点を気軽に相談することができますので納得して保険を決めることができるのです。


また保険の相談窓口には有料のものと無料で相談できるものがあります。

無料だとお試し感覚で相談できるのも助かりますよね。

有料相談と無料保険相談ならどちらがおすすめ?

POINT
結論からいうと無料の保険相談窓口の方がおすすめです。
その理由を次の項目で解説します。

無料保険相談の方がおすすめな理由

POINT
なぜ無料相談の方がおすすめなのか理解するために、有料相談・無料相談のメリット・デメリットを整理しましょう。
有料保険相談

メリッ

特定の保険会社や金融機関に偏っていない意見をもらうことができる


デメリット

・相談だけでお金がかかってしまう
・保険の販売資格を持ってない人でもできてしまうので、保険相談の質が低い場合もある
・相談員が保険販売資格を持っていない場合、保険の加入が面倒 

一方無料保険相談の場合、以下のようなメリット・デメリットがあります。
無料保険相談

メリット

・無料のためお試し感覚で相談できる

・相談員のほとんどが保険販売資格を持っているため。保険加入手続きが簡単


デメリット

・保険相談窓口選びを間違えると、特定の保険会社の商品をおすすめされることがある

・保険の押し売りをされそうというイメージがある

株主に保険会社がいる無料保険相談窓口を利用すると、特定の保険会社の商品をおすすめされるかもしれないというのは事実です。

その理由は、株主つまりオーナーである保険会社の商品を売れという指示が相談員に出ている可能性があるからです。


それに対して、有料保険相談では、特定の保険会社や金融機関に偏ったアドバイスを受けることは少なくなります。

POINT

ということは、有料相談の方が良いんじゃないの?

でも相談にお金がかかるのはちょっと...

と思う方も多いでしょう。
POINT
そんな方は、株主に保険会社がいない無料保険相談窓口の利用がおすすめです!

株主に保険会社がいない無料保険相談窓口を利用すれば、特定の保険会社の保険商品だけおすすめされるということは起こりません。

そのため、お金がかからないのに有料相談と同じように、中立な立場で相談に乗ってくれるのです。 


また、

POINT
無料で相談してくれる代わりに保険を押し売りしてくるんじゃないの?

という心配もあるかと思いますが、こちらも保険相談窓口選びを間違えなければ問題ありません。


無料相談経由で保険を契約した人が、1年以内に保険を解約してしまうとその相談員にペナルティが与えられるのですが、評判の良い優秀な専門家ペナルティを受けることを嫌がります。


そのため、優秀かつ顧客満足度の高い相談員とマッチングしてくれるサービスを使えば保険の押し売りをされることがないのです。

POINT
つまり、保険相談窓口選びを間違えなければ無料相談のデメリットを解消できるということです!

そもそもなぜ無料で保険相談をしてくれるの?

そもそもなぜ無料で保険の相談ができるのか?


その理由は保険会社から保険相談窓口へ手数料が支払われているためです。

これを聞くと「無理矢理に加入させられるのではないか?」と心配な方もいらっしゃいますよね。


しかし、保険をすぐに解約されると販売した人にペナルティが課せられるため、無理矢理加入させられることはありませんのでとても安心です。

POINT
保険の押し売りがなく無料、さらにオンラインでの相談もできますのでとても気軽に相談できますよね。

また、すでに保険に加入している方でも利用することができます。


保険を見直したい方も無料相談で相談することで、よりご自身に合った保険を見つけ出し保険を切り替えるなど、保障内容を変更するべきか、などのアドバイスを受けることができます。 

POINT
内容に変更がない場合でも相談の費用がかかりませんので、ぜひ活用してみることをおすすめします。 

オンライン可能なおすすめ無料保険相談比較ランキング


保険を無料相談窓口でする方がいいのはわかったけど、どの無料相談窓口にするべきなのかわかりませんよね。


そこでおすすめの無料保険相談窓口をわかりやすくランキング形式にしてご紹介していきます。

評判や実際の口コミも載せていきますのでぜひ参考にしてください。 

1位:ほけんROOM相談室


まずご紹介するのが「ほけんROOM相談室」です。

こちらの無料相談窓口は国内でも最大級のオンライン相談窓口と言われており、お客様満足度は93.2%と高くほとんどのお客様が満足していらっしゃいます。


オンラインでも相談することができますので、わざわざ店舗に出向く必要性がなく自宅でリラックスしながら相談可能です。

小さなお子様がいる場合や移動が大変な場合にはとても嬉しいサービスですよね。


また、16社に所属する2,000名以上の専門家のなかから選び抜かれた評価の高い保険のプロとマッチングしてくれます。


なお相談員は全員ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持っており、保険のことはもちろん住宅ローンや資産運用の専門知識も持ち合わせていますので、必要に応じて保険以外の相談も可能です。


さらに相談に納得がいかなければ、何度でも相談することができます。

もちろん何度相談しても料金は無料です。


保険相談で失敗したくないという方は、ぜひほけんROOM相談室で無料相談してみてください! 

評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

親身になって提案してくれた

はじめは無料保険相談に対し、本当に強引な勧誘が無いのか心配でした。

しかし、ほけんROOM相談室のFPさんは、私の家庭に合った保険を親身になって提案してくれて、最後まで勧誘が無く気持ちよく相談することができました。

また、相談内容を参考にして保険の契約内容を見直したのですが、無駄な保障を無くすことで保険料も安くなり大満足です。

また何かあればお願いしたいです。 

2位:保険見直しラボ

次に「保険見直しラボ」ですが、こちらの無料保険相談窓口はオンライン相談と対面相談と選択することができます。予約も24時間いつでもホームページから申し込むことができます。


保険見直しラボの相談員は業界の経験年数が高いところが特徴的で、安心して保険について相談することができます。

なお「イエローカード制度」を設けており万が一失礼が合った場合や無理矢理な営業があった場合に相談員の変更も可能です。


さらに対面相談の場合、ご自身で指定した場所まで出張してくれるサービスもあります。加えて、全国に70箇所以上の拠点を設けています。


お客様満足度は96%と非常に高く、保険の相談をしてよかったとほとんどの方が思っているようです。 

評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

強引な勧誘なし

保険の新規加入をしたくて相談しましたが、わかりやすい説明で私に合った保険を見つけてもらえて本当に良かったです。

様々な保険と比較して選べたので、本当に満足する保険に加入することができました。また実際に強引な勧誘はありませんでしたが、「イエローカード制度」があるということも相談を安心して行える理由の一つだったと思います。 

3位:ほけんのぜんぶ

次に「ほけんのぜんぶ」ですが、こちらの保険相談窓口では全国47都道府県どこでも対面相談をすることができます。


また保険の提案や見積もり・相談が何度でも可能なので一度の相談で保険を決めなければならないプレッシャーもありません。さらに平日だけでは無く土曜・日曜にも相談ができるため平日は仕事で忙しい方にも優しいです。


なお相談員の全員がファイナンシャルプランナーを取得しており経験も豊富な方が担当しますのでとても安心して相談することができます。 


ほけんのぜんぶで取り扱っている保険会社は32社で、そのなかからご自身にあった保険を提案してくれます。

もちろん保険料をなるべく抑える方法も合わせて紹介してくれますので心強い保険相談窓口です。 


評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

説明が分かりやすかった

いままで保険について難しいイメージを持っていましたが、こちらのFPは非常に分かりやすい説明で保険の仕組み、保険料を抑えるコツについて説明してくれたので、納得して保険選びをすることができました。
こちらの質問にも気持ちよく答えてくれますし、一般的に人気な保険商品でなく私の家庭に合った保険商品を選んでくれる点が、保険相談をする最大のメリットだと思います。 

4位:保険マンモス

日本初の保険の相談窓口として有名なのが「保険マンモス」です。その店舗数は全国2,000店舗以上です。


専任のファイナンシャルプランナーの方がご自身のライフスタイルや将来の希望に合わせたライフプラン表を作成します。そのリスクに伴う保障金額を求めることで過不足のないいつよう最低限の保障金額を算出することができるのです。


しかし、なかには漠然とした人生設計しかないという方もいらっしゃいますよね。その場合でも心配はいりません。その状態でも親身になり一緒にライフプランについて相談できます。


保険に加入後もライフスタイルが変わった、住宅を購入した、子どもが産まれたなどのライフスタイルが大きく変わるタイミングなどで保険の見直しもできますので安心です。


評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

自分で保険を選ぶより絶対にいい

ライフプランについて漠然としたイメージしか持っていませんでしたが、今回の相談を通してしっかりと自分の人生を考え直すことができたと思います。それに合わせた保険選びをすることができたので大変満足です。今後のことはどうなるか分からないので、素人が適当に考えてみるのではなくプロに相談して人生設計を考えてみることが大切だと考えました。

5位:マネードクター

マネードクターではファイナンシャルプランナーが保険の相談はもちろん、貯蓄方法・相続対策・子どもの教育資金の準備方法などお金に関する全てのことを相談することができます。


人生においてライフステージが変わる時にお金についてとても考えるようになります。その時に相談するべき相手がお金のプロであるファイナンシャルプランナーの方々です。


そのほかにも日常からできる節約の方法なども提案してくれますので、気軽に相談することができます。


マネードクターはオンライン相談と対面相談と選ぶことができます。対面相談ではご自身のお好きな場所を選択することができファイナンシャルプランナーの方が出向いてくれますよ。


評判・口コミ

※クラウドワークスで調査

家計相談にものってくれた

保険の相談だけでなく、家計の相談に乗ってもらえてとてもよかったです。プロの目線から家計について意見を出してもらえる機会はとても貴重だと思うのですが、無料でしてもらえるなんて本当にお得だと思いました。FPの方も非常に人柄がよく、こちらのことを本気で考えてくれているのが伝わってきました。

無料保険相談サービス比較表で特徴をチェック!

POINT
おすすめの無料保険相談サービスの特徴をまとめると以下のようになります。
保険相談窓口専門家の質加入できる保険商品の数サービスの使いやすさ総合評価
 ほけんROOM相談室SS
ほけん見直しラボS
ほけんのぜんぶS
保険マンモスA
マネードクターA

後悔しないための保険相談窓口の選び方


おすすめの無料保険相談窓口にはどのようなところがあるのかがだいたいわかってきたと思います。


しかし、どのように窓口を選べばいいのか、まだわかりませんよね。


そこで後悔しないための保険相談窓口の選び方を紹介していきます。

ポイントは主に3つあります。


株主に保険会社がいないこと

保険商品の取り扱い数

保険相談の満足度を公表している、満足度が高い


1つずつ詳しく解説していきます。 

株主に保険会社がいないか

保険の相談窓口で魅力的なのは様々な保険会社の保険商品を中立の立場でアドバイスしてもらえる点ですが、株主に保険会社がいる場合には気をつけなければいけません。


その理由は、相談窓口側が株主側の保険会社からその保険商品を強く勧められる可能性があるためです。


こうなってしまうと平等に判断されていないためご自身にあったベストな保険ではなくなってしまいます

そのため、保険相談窓口のホームページなどで保険会社が株主がいないことをチェックしておくことをおすすめします。


さらに保険相談窓口は保険商品を売ることによって、その手数料を利益としておりますので無理に手厚い保障内容の保険などを勧めて来る場合もあります。


その場合にも流されずにきちんと断ることが大切です。 

保険商品の取り扱いが多いか

次のポイントが保険商品の取り扱いが多いことです。せっかくならば様々な保険商品と比較してベストな保険を選びたいものですよね。


また保険商品が少ないと加入したいと思っていた保険商品を取り扱っていない場合も出てきます。

どのような保険商品を扱っているかはホームページからでも確認することができますので事前に確認するのをおすすめします。


できるだけ幅広い保険商品を扱っている方が、自分の希望に沿った保険に加入しやすいのでこの点は非常に重要と言えるでしょう。 

保険相談の満足度を公表している&満足度が高いか

次のポイントは保険相談の満足度公表していることです。相談窓口を選ぶに当たって口コミや満足度はかなり重要なポイントになりますよね。


満足度の高い保険相談窓口では比較的、ホームページなどで公表していることが多いです。さらに口コミなども合わせて拝見することができますので大変参考になると思います。


目安として、お客様満足度が90%を超えている保険相談窓口おすすめできると言えるでしょう。


逆にお客様満足度を公表していない、口コミが見つからない場合にはもしかすると対応やサービスがきちんとしていない可能性があります。

そのため心配な方は、高い満足度をきちんとアピールしている保険相談窓口を利用すると良いでしょう。 

保険相談の主な形式は3種類(来店型、訪問型、オンライン型)

では保険相談はどのようにどこで行われるのでしょうか?

保険相談の主な形式には


  • 来店型(店舗に足を運ぶ)
  • 訪問型(自宅やカフェなどで待ち合わせをする)
  • オンライン型(ネット上で相談する)


以上の3種類があります。

いずれも特徴がありますので解説していきます。


なかでも最近では場所を選ばないオンライン相談が増えていきています。


1番おすすめはオンライン型

ご紹介する3つのなかでもおすすめなのがオンライン型の保険相談です。


自宅にいながら保険の相談ができるのでわざわざ外出することもなく便利なシステムです。また以下のような悩みを持った方々にもおすすめです。


  • 店舗に行く時間がない
  • 近くに店舗がない
  • 小さい子どもがいる
  • 自宅への訪問相談に抵抗がある


さらに実際にファイナンシャルプランナーに相談できるのでパンフレットを見ただけではイマイチわからないという方にも人気があります。


オンライン型のメリットは場所を選ばないので、どこでも相談が可能な点と、相談したい窓口の店舗が近くに無くても相談したい窓口で相談が可能な点です。


しかし、オンラインではしっかりと保険の相談ができるのか心配な方もいらっしゃるかと思います。その点については後の体験談などで詳しく解説しています。


資料などをみながらしっかり相談したい人は訪問型がおすすめ

きちんと資料などを見ながら相談したい方には訪問型の保険相談がおすすめです。

基本的に場所はご自身の希望する場所で行えるのが便利な点です。


職場やカフェ、レストランなどご自身のお好きな場所を指定することができます。


子育てや介護で外出が難しい場合には自宅への訪問も可能なのでわざわざ外出することも無くて済みます。しかし自宅への訪問に抵抗がある方にはあまりおすすめできません。


また時間の調整がしやすいため時間の余裕が少ない方でも利用しやすいです。平日だけではなく土日も相談の対応してくれるところもあります。


しかし相談窓口によっては訪問できない地域も存在しますので、その点は注意が必要です。 


なぜ来店型はおすすめできないの?

この3つのなかであまりおすすめできないのが来店型の保険相談です。

その理由はわざわざ店舗まで足を運ばなくてはいけないのと、店舗の営業時間も限られているためです。

またコロナが流行しているなか、多くの人が出入りする場所で話をするのは抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。


さらに、相談ブースが近い場合には他人に聞こえてしまう、プライバシーの面も気になるという人も多くいます。

以上の点を踏まえると、訪問型かオンライン型での保険相談がおすすめと言えるのです。 


オンラインできちんと保険相談できるの?体験談をご紹介


相談にはとても満足できた

コロナウイルスの感染対策でオンライン保険相談をすることにしたのですが、対面で相談できないことによって意思疎通をうまく図ることができないのではないかと不安でした。


しかし、相談が始まってみれば、FPさんの親身な態度や丁寧な姿勢が画面越しでも十分伝わってきて本当に気持ちよく相談することができました。


資料もきちんと読めましたし、当初心配していた意思疎通に関しても、全く問題ありませんでした。


振り返ってみると、オンライン相談は交通費もかからないですし、すぐ始めることができるのでとても便利だったと思います。対面での相談ならではのいい面もあると思いますが、オンライン相談であったとしてもそれに劣るということはないと思います。 

保険相談の前に準備すべきことは?


保険相談をする際に準備するものといえば保険証券ですが、ほかにも保険相談の前に準備すべきことがいくつかあります。

  • 保険証券
  • 健康診断書
  • 印鑑
  • 運転免許証や保険証(本人確認書類)
  • A4サイズの書類が入るカバン

この5点を揃えておくと安心です。

保険証券は保険を見直すのであれば必須です。現在の保険の加入状況を把握するのにも必要になります。また、現在加入している保険の保証額が本当に必要な額であるのかを判断することにも役立ちます。

健康診断書があれば検診を受けずに済む場合もあります。基本的に会社員であれば勤務先で年に1度は健康診断がありますので、その際の診断書を提出することも可能です。

しかしデメリットとしては必要のない情報まで記載され加入の判断に関わることもあるという点です。健康診断書を提出する際には内容に自信がある場合にしましょう。

次に印鑑で気をつけたいのが「シャチハタ」です。基本的にはシャチハタはNGです。さらに保険料の支払いが銀行口座からの場合には銀行口座の届出印も持参してください。

また保険契約の際には本人確認書類の提示が求められます。運転免許証や保険証のほかにもパスポートやマイナンバーカードも該当します。 

保険相談当日の流れは?


ではいざ保険の相談をしたい場合にはどのような手順で進めていけばいいのでしょうか?実際に保険相談当日までの流れをオンライン相談の場合と対面相談を解説していきます。


基本的にはオンライン型も対面型も、そんなに難しいことはありませんので安心してください。 

オンライン相談の流れ

オンライン相談の手順はサービスごとに違うのですが、今回はほけんROOM相談室を例にとって解説します。


  1. オンライン相談を申し込む
  2. LINEで相談場所、日時を決定する
  3. zoomなどのビデオ通話アプリのID,Pass,URLが送られてくる
  4. スマホまたはPCから指定のビデオ通話アプリに入り、相談を受ける


このような手順で進められていきます。

ではその手順を1つずつ解説していきます。 


今回の

①オンライン相談を申し込む

まずはご自身が相談したい保険窓口を前項目で述べた「後悔しない保険相談窓口の選び方」を参考に選びます。

特に取り扱っている保険商品の確認と顧客満足度に関しては目を通しておきましょう。 


そして、そのサイト内でオンライン相談を申し込みます。


②LINEで相談場所、日時を決定する

大体の保険相談窓口ではLINEで相談場所と日時を決定します。

相談場所ですが静かで話の聴きやすい場所を選ぶようにしましょう。

あまり賑やかなところを選んでしまうと肝心な相談に集中できなくなってしまう可能性もあります。


さらにオンラインで大切なのが電波の状況です。電波が悪いと相談がスムーズに行かなく聴き取り辛い場面が出てくることも考えられます。


また時間帯もあまりご自身が疲れていない時間帯を選ぶようにしてください。

疲れた状態ですと判断も投げやりになってしまうかもしれません。


以上を踏まえた上で相談場所と日時を決定してください。


③Zoomなどのビデオ通話アプリのID,Pass,URLが送られてくる

日時が決定しましたらビデオ通話アプリのIDなどパスワードが送られてきますので指示にしたがって操作してください。


事前にどのアプリを使用するのか告知があると思いますので、できれば先にインストールやダウンロードをしておくと当日はスムーズに相談にうつることができるでしょう。


④スマホまたはPCから指定のビデオ通話アプリに入り、相談を受ける

相談当日はスマホやPCなどのデバイスから指定のビデオ通話アプリに入り相談を受けます。 

スマートフォンですとどうしても画面が小さいので、おすすめはPCなどの画面が大きいデバイスです。


パンフレットなどを利用して説明する場合もありますので、その点などを考慮するといいと思います。 

対面相談の流れ

では次に対面面談の流れを解説していきます。

対面相談も保険相談サービスによって流れは違うのですが、同じようにほけんROOM相談室を例にとって説明します。


といってもほぼオンライン相談と同じで簡単なので心配いりません。


  1. 保険相談を申し込む
  2. LINEで相談場所、日時を決定する
  3. 決定した相談場所、日時で相談を受ける


この手順についても詳しく説明していきます。


①保険相談を申し込む

まずインターネットなどで保険相談窓口を見つけます。
前項目で述べた「後悔しない保険相談窓口の選び方」を参考に選ぶのがおすすめです。


申し込みページで個人情報を入力し、保険相談に申し込みましょう。


②LINEで相談場所、日時を決定する

ほとんどの保険相談窓口ではLINEを持っていますので登録し、相談場所と日時を決定します。

相談場所ですが静かで話の聴きやすい場所を選ぶようにしましょう。あまり賑やかなところを選んでしまうと肝心な相談に集中できなくなってしまう可能性もあります。


よく選ばれるのがカフェやファミレスなどの場所ですが、希望があれば自宅や職場でも相談することは可能です。 


③決定した相談場所、日時で相談を受ける

保険相談日時の当日になりましたら、指定した相談場所で相談を受けます。この時に時間に余裕を持って相談場所に向かいましょう。


また事前に何が必要なのか相談員に聞いておくことをおすすめします。その際も忘れ物がないかきちんと確認しましょう。 

まとめ:無料保険相談おすすめ人気ランキング


おすすめの保険相談サービスを中心に解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事では保険相談窓口に関して


  • 保険加入時におすすめな保険窓口の種類
  • 無料保険窓口を5社解説
    保険相談窓口の選び方のコツ
  • 保険相談の形式別特徴を解説
  • 保険相談の当日の流れ


これらの点を中心に説明してまいりました。


保険の相談窓口には無料のものと有料のものがあることはわかりましたよね。一般的な考えではつい有料の方がきちんとしていると思いがちですが、その考えは間違いでしたね。


現在では無料の保険相談窓口を利用する方の方が多く、満足度も高いのです。


そのため保険の加入や見直しを考えている方はぜひ無料の保険相談窓口を利用することをおすすめします。

このほかにもウーマンエキサイトでは皆様の役に立つ記事をご用意しておりますのでぜひご覧ください。


最後までご覧いただきありがとうございました。 

おすすめの記事