ビューティ情報『ヒールを履く女性は要注意!? 人気ピラティストレーナーが教える“距骨”の整え方』

2022年5月26日 20:10

ヒールを履く女性は要注意!? 人気ピラティストレーナーが教える“距骨”の整え方

普段意識することは少ないけど、実は重要な役割を担っている距骨(きょこつ)。足首の中に潜む小さな骨ですが、私たちのスタイルや歩行に大きく影響を与えています。ピラティストレーナーとして活躍するmieyさんが、日々のメンテナンス法をご紹介!

距骨&立方骨を整えると、股関節、骨盤にも好影響が。
ヒールを履く女性は要注意!? 人気ピラティストレーナーが教える“距骨”の整え方


「距骨は脚(leg)と足(foot)の間にある小さな骨。これが美脚の要となる足首の可動性に影響を与えています」(骨格矯正ピラティストレーナー・mieyさん)

この距骨に歪みが生じると、足首の可動性が落ちて全身にトラブルが。

「とくにヒールを履く女性は距骨が前に突出し、本来の位置に戻りにくくなっています。すると、足首がしっかり曲がらず、血流が滞ってむくみの原因に。また、体が無理に足首を曲げようとして立方骨が外側に倒れ、重心が小指側に傾いてしまいます。その結果、スネや太ももが外側に大きく張ったり、股関節の内旋を招いて骨盤が前傾し、反り腰になるリスクも。逆を言えば、距骨の位置を正して可動域を広げれば、脚だけでなく、股関節や骨盤も整います」

SELF‐CHECK

ヒールを履く女性は要注意!? 人気ピラティストレーナーが教える“距骨”の整え方


片足を大きく前に踏み出し、膝の角度を90度近くまで曲げる。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.