ビューティ情報『東急百貨店東横店、ロカボ飯のフードショー開催』

東急百貨店東横店、ロカボ飯のフードショー開催

2018年3月6日 10:36
 

関連リンク

・ザ・ボディショップ夏の新作、“モヒート”や“ピニャコラーダ”から着想を得たスクラブやボディクリーム
・夜更かしが死亡率を上げる理由って?
・やるだけできれい度が変わる!お風呂上がりにすべき6つの美容法
東急百貨店東横店、ロカボ飯のフードショー開催

東急百貨店東横店は3月8日~21日、「東急フードショーフェスティバル」を西館地下1階 東急フードショーにて開催する。

同店では「食」のトレンドを意識し、年に2回、「東急フードショーフェスティバル」を開催している。今回、着目したのは外食産業や食品企業などでも積極的に進めている「ロカボ(ロー・カーボハイドレート: 低糖質食品)。監修は北里研究所病院の糖尿病センター長・山田悟先生が務める。

期間中は、山田先生の監修のもと、いずれも一食あたりの糖質を20~40g以下に抑えた、おいしく低糖質なメニューを用意する。

麻布あさひの「ガッツリ鶏三昧弁当」(918円)は、糖質は控えめながらボリューム感あるお弁当。一食あたりのロカボ糖質は13.1g。ゑびす ダイコクエクセルの「サーモン藻塩焼き弁当」(849円)は、藻塩で味付けしたサーモンとからあげのお弁当で、一食あたりのロカボ糖質は32.9g。

そのほか、一食あたりのロカボ糖質が12.4gの「ココナッツミルクスープヌードルと生春巻きセット(1セット)」(1,080円)、ロカボスパゲッティーを添えて一食あたりの糖質を31.0gに抑えた「パスタ&ハンバーグ(1パック)」(648円)、大豆粉をブレンドしたたこ焼き、低糖質パンのサンドイッチなども取りそろえる。

立食スペース「シブヤスタンド」では、糖質の摂りすぎからできる老化物質「AGEs(エージーイー)」を簡単に測定できる「AGEs(エージーイー)測定会」を開催する。測定会の参加者には、低糖質の食品サンプルをプレゼントする。

※価格はすべて税込

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.