ビューティ情報『アラサー・アラフォー女性にメイクの自由を!!“イタくない”大人のピンクアイメイク法』

アラサー・アラフォー女性にメイクの自由を!!“イタくない”大人のピンクアイメイク法

2018年2月20日 08:00
 

春になると取り入れたくなるのが、「ピンク」を使ったアイメイク。雑誌やWEBでも、「春ピンク」のメイクやコスメの特集が組まれています。だけど・・・「ピンクは若くて可愛い女の子のための色」、「大人が使うにはちょっと派手」、「チークや唇ならまだしも目元は奇抜」などと感じ、取り入れたい思いを封印していませんか?実は、ピンクって大人にこそ使って欲しい色。

大人に「ピンクアイメイク」がおすすめの理由

①「ピンクはまぶたが腫れぼったくなる?」逆手に取るとくぼみまぶたが若返る

関連リンク

・にきびの場所には意味がある? 場所別の原因と対策を知って健康美肌に
・朝のひと手間で夜まできれい!崩れないベースメイクのテクニック
・マンネリメイクを色で解消! 目元で遊ぶ、夏のカラーメイク
Beauty girl golden color red hair.


若いとき「まぶたが腫れぼったく見えてしまうから」と、ピンク色のアイカラーの使用を避けていた人もいることでしょう。注目ポイントはそこです。

年齢を重ねるにつれ、いつしかまぶたが痩せ、くぼんだり、ボリュームをなくしたりしていませんか?そんな目もとは、なんだか元気がなく老けた印象に見えてしまうもの。

それをふっくらと見せてくれるのが、ほかでもない“ピンク”です。

②血色アップで顔色を明るく見せてくれる効果アリ

Portrait of smiling young woman at home


くぼみ以外にも、大人になるとお悩みが生まれるもの。そしてその1つが、「血色の悪さ」ではないでしょうか。それをカバーするために、ピンク色のコントロールカラーやルースパウダーを使っている人もいることでしょう。そのように、ピンクには、血色をアップさせてくれる効果があります。

同じ要領で、目もとにピンクを取り入れると、簡単に顔色を明るく見せてくれるので、「今日は顔が疲れているな」と感じた日に試してみてください。青みのクマが目立つ日にもおすすめです。

アラサー・アラフォー女性におすすめ!“イタくない”ピンクアイメイクテクニック紹介

まぶたに重さがある人は?!

ベージュorグレーをベースに引く
ベージュシャドウ


「痩せた目もとにボリューム」と言っても、大人でも、まぶたの重さに悩む人だっているはず。そんな方がピンクを取り入れる際は、ベースに引き締めカラーを入れるのがポイント。

ナチュラルな雰囲気や可愛らしい仕上がりを好む方はベージュ、クールな雰囲気にしたい方はグレーを、まぶたの骨のくぼみ当たりまで大胆に広げて。そしてそのあと、二重幅~それより少し広めくらいまで、ピンクを入れてあげると良いでしょう。

ベースに使えなれたカラーのアイシャドウを引くことで、ピンクの発色を肌になじませる効果もあるので、カラーメイクを自然に見せたい方にもおすすめの方法です。

“ピンク”の色選びがとても大事!!ベビーピンクは避けて

スイート派はモーヴやレッド系・クール派は青みやパープル系をチョイス
ピンク


大人の女性が“イタくない”仕上がりにピンクを取り入れたいとき、もっとも重要なのは色選び。一口に「ピンク」と言っても、ご覧の通り、いろいろな色味があるのがわかるはず。この中で、どんな色をチョイスするかが非常に大切です。

アラサー・アラフォーの女性が間違っても選んではならないのが「ベビーピンク」など、白さのあるミルキーな淡いピンクです。このような色は、若い女の子の中でも限られた層にしか使いこなせない鬼門。

大人は、パステル系のピンクを選びたいのであればややくすみのある「モーヴ」がベター。その他、赤みのあるピンクも、さり気ない大人の色気が生まれるため良いでしょう。

ピンクをクール&セクシーに取り入れたい方は、青みピンクやパープルみを帯びたカラーがを使うと、妖艶でアンニュイな目もとになりおすすめです。

ピンク×ブラウンは甘い罠

アイライナーはなしorブラックで

What a beautiful complexion!


ピンクのアイカラーに合わせたいアイライナーと言えばブラウン。優しげな目もとになるし、なにより、“ストロベリーチョコレート”みたいでとってもカワイイ。だけど・・・その可愛さ、大人で使いこなせるのは一部の上級者だけですよ。

ピンクを大人に使いこなしたいのであれば、ブラックで引き締めて。強くなるのが苦手な方は、いっそアイラインなしでも良いくらい。マスカラでまつ毛の根元をきちんと埋めてあげれば、目の輪郭は強調されます。

それになにより、ピンクで印象深いまぶたになっているから、特にラインを引かなくてはならない理由はないでしょう。

年齢でNGな色はない!!色選び&メイクテクで攻略を
ピンクメイク
この世に無数存在する「色」。その全ては、万人のためのものであり、性別や年齢や雰囲気で、使ってはならない色など存在しないのです。

数ある色の中でも「キャラじゃない」、「年だから」と、敬遠してしまう人が多いピンクもそう。

だけど、そうは言っても周りの目は気になるし、違和感のあるメイクはしたくない。そんな風に思ったときは、今回紹介したメイクの方法を参考にしてくださいね。

メイクの方法や色選び工夫することで、どんな女性にでも似合う、素敵な「ピンクアイメイク」に仕上がりますよ。すると、メイクの幅が広がり、女でいることが、これまで以上に楽しくなるはずです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.