ビューティ情報『アラサー・アラフォー女性にメイクの自由を!!“イタくない”大人のピンクアイメイク法』

2018年2月20日 08:00

アラサー・アラフォー女性にメイクの自由を!!“イタくない”大人のピンクアイメイク法

春になると取り入れたくなるのが、「ピンク」を使ったアイメイク。雑誌やWEBでも、「春ピンク」のメイクやコスメの特集が組まれています。だけど・・・「ピンクは若くて可愛い女の子のための色」、「大人が使うにはちょっと派手」、「チークや唇ならまだしも目元は奇抜」などと感じ、取り入れたい思いを封印していませんか?実は、ピンクって大人にこそ使って欲しい色。

大人に「ピンクアイメイク」がおすすめの理由

①「ピンクはまぶたが腫れぼったくなる?」逆手に取るとくぼみまぶたが若返る

目次

・①「ピンクはまぶたが腫れぼったくなる?」逆手に取るとくぼみまぶたが若返る
・②血色アップで顔色を明るく見せてくれる効果アリ
・まぶたに重さがある人は?!
・“ピンク”の色選びがとても大事!!ベビーピンクは避けて
・アイライナーはなしorブラックで
Beauty girl golden color red hair.


若いとき「まぶたが腫れぼったく見えてしまうから」と、ピンク色のアイカラーの使用を避けていた人もいることでしょう。注目ポイントはそこです。

年齢を重ねるにつれ、いつしかまぶたが痩せ、くぼんだり、ボリュームをなくしたりしていませんか?そんな目もとは、なんだか元気がなく老けた印象に見えてしまうもの。

それをふっくらと見せてくれるのが、ほかでもない“ピンク”です。

②血色アップで顔色を明るく見せてくれる効果アリ

Portrait of smiling young woman at home


くぼみ以外にも、大人になるとお悩みが生まれるもの。そしてその1つが、「血色の悪さ」ではないでしょうか。それをカバーするために、ピンク色のコントロールカラーやルースパウダーを使っている人もいることでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.