ビューティ情報『“噛みごたえ”のあるおやつに代えて、「二重あご」を防止しよう!』

“噛みごたえ”のあるおやつに代えて、「二重あご」を防止しよう!

2018年2月21日 12:00
 

なりたい人はほぼいないであろう二重あご。ほぼチャームポイントと言われることもないですし、すっきりしたフェイスラインを保ちたいところですよね。そのためには、痩せる、あごの筋肉を鍛えるなどいろいろと方法がありますが、今回は「おやつ」を利用して、二重あごの防止法を実践してみましょう。

「二重あご」の原因のひとつは、あごの“使用回数”

目次

・「ガム」は噛んで食べる代表おやつ
・ハードタイプの「グミ」を噛み噛み
・干した「貝柱」は旨みたっぷりでおいしい噛むおやつ
shutterstock_678140005


二重あごになってしまう原因のひとつは、あごの使用回数の低下です。近年食卓に柔らかい食べ物が増え、噛む回数が激減しています。噛まずに飲めるゼリードリンクなどを朝ごはんや昼ごはんの代わりにするときは、ほとんど噛むということなく、飲み下せてしまいます。

こういったことから、噛む回数が必然的に少なくなってしまい、あごの使用回数も減ってしまっているのです。これでは、あごの筋肉はどうしたって弱ってしまい、二重あごにつながってしまうのは、当然でしょう。

あごを“鍛える”ことで、「二重あご」を防止しよう!
shutterstock_574518229


あごの筋肉を鍛えて、二重あごを防止しましょう。あごの筋肉は噛む以外にも、意識的に動かして筋トレをすることでも、鍛えることができます。

たとえば「あいうえお」を大きく口を開けて、はっきりと発声するようにするだけでも、あごの筋肉は十分使うことができるのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.