ビューティ情報『新生活に揃えたい!あると便利な“口紅”カラー3選』

新生活に揃えたい!あると便利な“口紅”カラー3選

2018年4月14日 10:00
 

4月に入り、新しい環境や出逢いをきっかけに「印象をがらりと変えたい」と思う方も多いのではないでしょうか。特に手軽に印象を変えやすい「口紅の色」は、こうしたお悩みの強い味方です。
そこで今回は、持っていると便利な口紅の選び方についてご提案していきます。

意外と盲点!?自分の唇の色

関連リンク

・男が幻滅する…お家デートで「残して帰ってはいけないモノ」3つ男ウケ最悪!モテを遠ざけるダメダメ美容#31
・1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ
・ギュッと抱き寄せて…男がキスしたい「唇美人になれるコツ」3つ
自分の唇の色

出典:Shutterstock

人気のトレンドカラー、好きな色、見た目の可愛さ…など、普段、口紅ってどのように選びますか?さまざまな色や質感があるので「似合う」を見つけるのになかなか苦労する、なんてことをよく耳にします。

その他にも、気に入って買ったのにつけてみたら唇だけ浮いてしまった、色が発色していないという経験をお持ちの方も。実は、こうしたお悩みのポイントは、意外と見落としがちな「本来の唇の色」にあることも…!

本来の色=基準の色
基準の色

出典:Shutterstock

口紅選びの際、まずベースとなるのが「本来の唇の色」です。赤みがあるタイプ、ベージュピンク、オレンジ寄りなど、似ていることはあっても、一人ひとり違った色を持っています。

このもともとの色が口紅選びの時には基準になります。本来の唇の色を基準にして、それよりも「濃いもの」「同じくらいのもの」「淡くしてくれるもの」、この3つを揃えておくと次のような印象を変える場面でとても役立ちます。

本来の唇よりも「濃い色」

主にレッド・ローズ・ブラウン系

レッド・ローズ・ブラウン系

出典:Shutterstock

唇を際立たせ、ゴージャスな印象を与える色です。レッド・ローズ系は会場に華を添えることを期待されるシーンで、ブラウン系は甘さを抑えたい時に効果的です。はっきりとした色が出やすい色なので、使いにくく抵抗を感じる方もいると思いますが、気軽に使える選び方もありますので、後述していきます。

本来の唇と「同じ色」

主にピンクベージュ・ローズピンク系

ピンクベージュ・ローズピンク系

出典:Shutterstock

雰囲気を変えずにバランスを整えてくれる色です。主にピンクベージュやローズピンクとしていますが、ご自身の唇に近い色を選ばれるのがベスト。本来の唇を生かすので、色付きのグロスやリップで代用することもできます。

本来の唇の色を「淡くする色」

主にベージュ系

ベージュ系

出典:Shutterstock

唇の印象を弱め、中性的な印象を演出する色です。あえて本来の色を消すベージュを選ぶことで、落ち着きある雰囲気となり、すっきりとしたスタイルなども似合いやすくなります。

唇の血色を抑えると表情が暗く見えることもありますので、もしそう感じた時には普段よりもチークをほんの少し多めにのせると、表情の明るさも失いにくくなります。

持っていると便利な口紅3選は…
ここまでお伝えしてきたように、持っていると便利な口紅の色は、

自分自身が本来持つ唇の色を基準にしながら、

①濃い色②同じ色③淡くしてくれる色
の3つです。まずは自分自身のこの3つの色はどんな色なのかを探してみることがおススメです。

さらにこの、「色の違い」に加えてイメージの決め手となるのが、「質感の違い」です。

質感の違いとは?
よく「シアー」と「マット」という言葉で表現されることが多いですが、これは、「口紅を塗った時に唇の皮膚感がどれくらい見えるかで分かれている」と考えておくと選ぶときに便利です。

薄づきで、唇が透けて見える印象=「シアー」

シアーは塗った時に唇の印象が透けて見えます。ツヤ感のあるものが多いので、唇をふっくらとした印象に仕上げてくれるのも特徴です。

先ほど、抵抗のあるなしが分かれるといった赤リップも、シアータイプを使うと印象を強くしすぎることなく取り入れることができるので、はじめての方にもおすすめです。

唇が透けて見える印象=「シアー」

出典:Shutterstock

しっかりと色づき、唇が透けて見えない印象=「マット」

マットは、はっきりとした色なので、印象をがらりと変えたい時に効果的です。また、唇の赤みが強い方は、マットのベージュピンクなどを持っておくと、唇の印象を抑えたい時に便利です。

唇が透けて見えない印象=「マット」

出典:Shutterstock
口紅選びは色×質感
ここまで見てきたとおり、印象を変える口紅選びのステップは、
①自分の唇の色を知る②それよりも「濃いもの」「同じもの」「淡いもの」の3つの色を選ぶ③さらにそれらの質感は「シアー」「マット」のどちらにするかを決める
といった流れになります。

こうしてわけて考えておくと、口紅は持っているんだけど、どれも似た色ばかりになりやすいといったお悩みも解決できますので、口紅選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.