ビューティ情報『ヘアカラーの褪色予防は施術後1週間のヘアケアがカギ!』

2019年6月18日 20:00

ヘアカラーの褪色予防は施術後1週間のヘアケアがカギ!

特に、最近ではヘアカラー用のトリートメントも発売されているので、長くヘアカラーを楽しみたい方には使用をおすすめします。

洗髪時の注意点
使うアイテムだけでなく、洗髪時のお湯の温度にも気を付けましょう。熱すぎるお湯は、髪のキューティクルを剥がしてしまう恐れがあります。キューティクルが剥がれると、せっかく入れた色素を流出させる原因となります。

また、ヘアカラー後はダメージを受けデリケートな状態となっているので、38℃の少しぬるめのお湯を使うことを意識しましょう。

ダメージレスなヘアカラーを選ぶのもおすすめ

ダメージレスなヘアカラーを選ぶのもおすすめ
出典:GODMake.
アルカリ性を含む薬品を使うヘアカラーは発色が良いのが特徴ですが、髪のダメージを考えると、ダメージレスヘアカラーもおすすめです。今回は2種類のダメージレスヘアカラーをご紹介します。

ヘナカラー
ヘナカラーとは「ヘンナ」という植物を使ったヘアカラー方法です。昔から薬草として使用されていることもあり、アレルギーもほとんどない、安全性の高い植物です。

こちらのヘアカラーは脱色効果がありません。そのため、白髪染めや暗く染めたい方に向いています。ただ、100%のヘナカラーではなく、ケミカルヘナといって発色のしやすい染料を配合することで、安定して発色させることができます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.