ビューティ情報『紫外線対策してたのに。。出来ちゃった”シミ”をキレイに「隠す」3つのポイント』

2016年10月2日 14:00

紫外線対策してたのに。。出来ちゃった”シミ”をキレイに「隠す」3つのポイント

今年の夏も紫外線は、とても過酷でしたね。しっかりと紫外線対策していたのに、「シミが増えてしまった」「シミが濃くなってしまった」という方も多いのでは?
できてしまった「シミ」は、スキンケアや美容医療などで、目立ちにくくすることはできますが、今すぐどうにかしたいのが女心です。そこで、今回はそんな「シミ」をメイクでキレイに隠す「3つのポイント」をご紹介します。

1.コンシーラーで隠す

目次

・使い方のポイント
・メイク直しのポイント

shutterstock_118242364


コンシーラーには、固形タイプ、クリームタイプ、リキッドタイプなど様々な種類があります。
それぞれのタイプには、お肌悩みに合った特徴があります。

「シミ」を隠すに1番おすすめなのは、「固形タイプ」のコンシーラーです。固形タイプのコンシーラーは、カバー力が1番すぐれています。程よい硬さもあるので、お肌になじませた後に、ヨレにくいところも「シミ」を隠すのに適しています。

クリームタイプやリキッドタイプは、固形タイプよりも柔らかいため、お肌にもなじみやすく、保湿力もありますが、カバー力が弱く、柔らかい分ヨレやすくなります。

使い方のポイント

shutterstock_426426070


適量のコンシーラーを指の腹(中指か薬指)にとって、シミの一番濃い部分を中心にトントンとたたきこみ、まわりとなじませながらお肌に伸ばしていきます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.