ビューティ情報『女性特有の生理痛…男の上司に理解してもらうには?3つの対処法』

2018年2月22日 15:38

女性特有の生理痛…男の上司に理解してもらうには?3つの対処法

目次

・①妻と子どもがいる上司に打ち明けてみる
・②自分の意思を明確に伝える
・③生理休暇を利用する
女性特有の生理痛…男の上司に理解してもらうには?3つの対処法
月に一回やってくるアレ。「また今月も辛い一週間がはじまるのか…」なんて思っちゃいますよね。
腹痛や吐き気などと戦いながら、いつも通りの仕事をこなすのって大変なもの。
そこで今回は「生理を男の上司に理解してもらう方法」について考えてみました。

①妻と子どもがいる上司に打ち明けてみる

当たり前ですが女性と男性の身体は違います。
男性がいくら「女性は毎月生理が来るものだ」とわかっていても、その痛みを経験したことはありません。
中には「そもそも生理自体の仕組みがわかっていない」という男性も存在します。
でも身近に生理や出産を経験している人(奥さん)がいれば、おそらく最低限の知識はあるはず。
どうしても生理痛が辛い場合は、子どもがいる上司に打ち明けてみてはいかがでしょうか。
少しはあなたの気持ちを理解してくれて、今後どうしたら良いのか考えてくれるかもしれません。

②自分の意思を明確に伝える

男性ばかりの職場で働いていた知人も、毎月生理痛で悩んでいたそうです。
仕事もハードなものが続き、いよいよ限界だと思った彼女は上司に相談をしたそう。
その際に「生理のときだけ少し仕事量を減らしてほしい」と明確に自分の意思を伝えたのだとか。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.