ビューティ情報『まだ早い?いいえ!若さを保つためのアンチエイジング4つの習慣』

2016年6月20日 18:42

まだ早い?いいえ!若さを保つためのアンチエイジング4つの習慣

目次

・1.酸化・糖化を防ぐ
・2.運動やストレッチでめぐりをよくする
・3.ストレスをためない・笑って過ごす
・4.保湿を欠かさない
・アンチエイジングは「健康的に心地よく過ごすこと」
まだ早い?いいえ!若さを保つためのアンチエイジング4つの習慣


こんにちは。セルフトレーニングコーチのNaoです。魅力溢れる潤い美人になる自分自身のためのセルフトレーニング、一緒にしましょ!

若いうちから老化はできるだけ防ぎたいけれど、「一体、何から始めればいいの・・・・・・?」という人も多いのではないでしょうか。老化は見えない敵。なにも知らないままではいつの間にか手遅れになってしまいますよ。

心や体内のはたらきを活性化して、若々しさをキープする方法を知っておきましょう。

■1.酸化・糖化を防ぐ

“体内のサビ”と言われる「酸化」と“体内のコゲ”と言われる「糖化」は、老化の二大要因。酸化は、体内に取り入れた酸素が「活性酸素」となって、体内の細胞を攻撃することで起こります。

酸化の主な原因は、過度な運動やバランスの悪い食事、ストレス、アルコールの摂りすぎなどが習慣化すること。日々の生活を見直して、健康的な生活習慣を手に入れることが、老化を防ぐ第一歩です。

これに対して糖化は、食事などから体内に取り入れた余分な糖質が、体内のたんぱく質と結びついて細胞を老化させる現象。糖質(小麦粉)とたんぱく質(牛乳・卵)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.