ビューティ情報『医師が警告「ゴシゴシ洗うほど、あなたの体臭はきつくなる」』

2018年7月30日 06:00

医師が警告「ゴシゴシ洗うほど、あなたの体臭はきつくなる」

医師が警告「ゴシゴシ洗うほど、あなたの体臭はきつくなる」


「人の体は、洗えば洗うほど臭くなります!毎日ゴシゴシと洗うことで、かえって臭いを増長させている人がじつに多いんですよ」

そんな衝撃的な話をしてくれたのは、臭いのスペシャリスト、五味クリニックの五味常明院長。

スメハラ(スメルハラスメント=臭いによって他者に不快感を与えること)という言葉もよく聞くようになるなど、たくさん汗をかくこの時期、自分の体臭はとても気になるところ。1日数回体を洗うという人も多い。それが悪臭の原因とは……。そもそも、人の体はどうして臭うのだろう?

「まず、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、エクリン腺から出る汗は99%水のため臭いません。ところが、アポクリン腺から出る汗はアンモニア、ピルビン酸、タンパク質など栄養をたっぷり含んでいるうえに、塩分はほぼ含まれないので、皮膚の上に臭いを放つ細菌がそれらを餌として繁殖するため、臭うのです」(五味先生・以下同)

五味先生によれば、臭いの原因として注目すべきなのは、汗に含まれる皮脂やタンパク質を分解する“細菌”なのだという。皮膚にどんな細菌がすんでいるかで、体臭が左右されるというのだ。

人間の体にすむ菌には、いいニオイを出す細菌と、臭いのもとになる細菌の2種類があり、前者は“表皮ブドウ球菌”と呼ばれ酸性の肌を好み皮脂膜などを餌にしている。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.