ビューティ情報『コロナ禍の不安でスイッチが…「夫の精神疾患」が増加中』

2020年11月26日 06:00

コロナ禍の不安でスイッチが…「夫の精神疾患」が増加中

コロナ禍の不安でスイッチが…「夫の精神疾患」が増加中


「新型コロナウイルスに起因する生活不安やストレスなどにより、DV(ドメスティックバイオレンス)の増加や深刻化が懸念されております」

10月8日の参議院内閣委員会において、林伴子内閣府男女共同参画局長はこう答弁した。この問題は、新型コロナウイルスの“第3波”によって、より深刻さを増す可能性が高い。

全国の「配偶者暴力相談支援センター」に寄せられた5と6月のDV相談件数は、前年比でそれぞれ1.6倍増で計約3万5,000件。続く7と8月も、それぞれ前年比1.4倍増で計約3万2,000件。

コロナ禍の終息がみえない中、内閣府が懸念するように、今年は配偶者ら家族を苦しめるDV件数が、前年を大きく上回ることになると予想される。

そしていま、DV以外にも配偶者たちを苦しめている問題が急増しているーー。

コロナ以降、社会を取り巻く生活環境は激変した。不安やストレスを抱えた夫や妻が“ある日突然”、統合失調症や双極性障害、そしてうつ病といった精神疾患を発症するケースが増えているという。

「コロナ禍という環境が原因だと断定できる統計資料はまだありませんが、“夫が急変してしまった”という配偶者からの相談件数が増えているのは確かです」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.