ビューティ情報『認知症予防には良質な睡眠を…専門医教える「夜やるべき習慣」』

2022年5月13日 11:00

認知症予防には良質な睡眠を…専門医教える「夜やるべき習慣」

認知症予防には良質な睡眠を…専門医教える「夜やるべき習慣」


脳にたまった“ゴミ”が引き起こすとされている認知症。ゴミの排出に欠かせないのが、脳内の液体の流れだ。じつは睡眠時に流れが強くなるという。認知症を防ぐための習慣とはーー。

今もって根本的な治療薬がない認知症は、’25年には65歳以上の5人に1人がなるといわれている。

とりわけ認知症の6割以上を占める「アルツハイマー型」は、異常タンパク質「アミロイドβ」の脳内への蓄積が引き金となって、神経細胞の中に「タウタンパク質」(以下、タウ)がたまり、神経細胞が死んでしまい発症することが知られている。

「睡眠中は脳が少し縮むことで、脳脊髄液の流れが強くなり、タウやアミロイドβなどの脳のゴミを排出する力が高まります。睡眠時の脳のゴミの排出速度は、起きているときの2倍以上ともいわれています」

こう語るのは睡眠専門医で、雨晴クリニックの坪田聡院長。

脳のゴミを洗い流すためには良質な睡眠が欠かせないという。そこで、睡眠の質を高める“夜の習慣”を坪田先生に教えてもらった。

■認知症予防のために夜にやるべき習慣7

【1】ホットミルクを飲む

「脳や臓器などの深部体温が下がっていく過程で、人は眠くなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.