ビューティ情報『片足を引きずって歩く人は脳腫瘍の疑い 歩き方でわかる病気7』

片足を引きずって歩く人は脳腫瘍の疑い 歩き方でわかる病気7

片足を引きずって歩く人は脳腫瘍の疑い 歩き方でわかる病気7


最近、気づいたら片足を引きずるようにして歩いてしまう。足に力が入らず、何かにつかまらないと歩けない……。そんなお悩みを、加齢や疲労のせいかもしれないと考えている人は多いだろう。

しかし、歩き方を見ると重大な病気がわかるケースがあるのだ。

「片足の引きずり歩きや、何かにつかまってしか歩けないのは、脳腫瘍の症状かもしれません」

そう教えてくれたのは、リハビリテーションの専門病院「京都大原記念病院」の垣田清人院長だ。

「歩き方の変化は、単なる老化とは限りません。脳疾患をはじめとするさまざまな病気が隠れているケースがあるのです」

つまり、歩き方によって、潜んでいる病気がわかるという。

「私たちは足の筋肉だけで歩いているわけではありません。
脳が、脊髄にある“歩く”を行うシステムに指令を出し、歩き方を調節しています。この指令を受けて各部位に伝える、神経の働きも必要です。足の血流も筋肉にエネルギーを送るには大切です。老化により足の筋肉が減ることでも歩行障害は起こりますが、脳や神経、血管の疾患や、関節の変形などが原因の場合もあります。それらのサインが、歩き方に現れるのです」

■自分ではちゃんと歩けているつもりでも…

今回、引きずり歩き、小股ちょこちょこ歩き、すくみ足などの、歩き方でわかる病気を垣田院長が教えてくれた。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.