子育て情報『やめさせたい…遊び食べをする赤ちゃんに対応するときの3つのポイント』

2019年5月22日 14:35

やめさせたい…遊び食べをする赤ちゃんに対応するときの3つのポイント

目次

・ある程度自由にさせてOK、とことん付き合ってみて
・遊び食べをする赤ちゃんにどう対応したらいいの?
遊び食べをする赤ちゃんのイメージ


こんにちは。離乳食インストラクターの中田 馨です。9~11カ月ごろ(離乳食後期)以降になると、自分で離乳食を食べられるようになってきます。自分の手を使い、手づかみ食べやスプーンやフォークを使って食べるようになってくるこの時期。赤ちゃんは、自分で食べることは楽しんでいます。

でもそのうち、食べ物がおもちゃになって口に入らず遊び始める子も出てきます。そんな赤ちゃんへのアプローチ方法をお話しします。

ある程度自由にさせてOK、とことん付き合ってみて

食べ物だから、食事だから、しつけだからと考えると、食べ物で遊ぶ姿はよくないと大人は感じてしまいますね。わかります。その線引きって本当に難しいです。

でも、赤ちゃんにとって食事は遊びや発見の1つなのです。食べ物の感触や温度を確かめながら触っています。なので、ある程度は赤ちゃんの興味関心に任せて、とことん付き合ってあげることも大切です。

遊び食べをする赤ちゃんにどう対応したらいいの?

遊び食べする赤ちゃんにとことん付き合うと言っても、どうすればいいのか戸惑うと思います。そこで、どう対応すればいいのか3つのポイントをお伝えします。

・ママのおなかのすく時間と赤ちゃんのおなかのすく時間は違う

ママと赤ちゃんのおなかのすく時間は違います。遊んで口に中になかなか入らないときは、まだおなかがすいていないのかもしれません。生活リズムが整っているかを見直してみてください。

・きれいに食べなくてOK

食べている最中も、食べたあとも、食べ残しなくキレイに食べられないのが当然と思ってください。

・ママの中の「ここまでライン」を決める

ママにとっての「ここまでやったらストップさせる」というお家ルールを決めてみましょう。

食べ物で遊びだすのは成長発達の証で、ほとんどの赤ちゃんが通る道です。赤ちゃんの興味関心を大切にしながら食事のサポートができるといいですね。

著者:保育士 一般社団法人 離乳食インストラクター協会 代表理事 中田家庭保育所施設長 中田馨
0~2歳対象の家庭保育所で低年齢児を20年以上保育する。息子が食べないことがきっかけで離乳食に興味を持ち、離乳食インストラクター協会を設立。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.