子育て情報『バセドウ病に苦んでいた私…子どもたちがくれた思いがけない優しさ』

2019年10月13日 08:35

バセドウ病に苦んでいた私…子どもたちがくれた思いがけない優しさ

目次

・甲状腺の病気で家事も育児も困難に
・子どもたちが気づかってくれた
・子どもたちからの励ましの手紙に感動
・著者:石原みどり
母を気遣う子どもたち


みなさんは、寝込んでしまったことはありますか? 私は甲状腺の病気になり、半年以上まともに子どもたちのお世話ができませんでした。つらい思いをした、そのときの体験をお伝えしたいと思います。

甲状腺の病気で家事も育児も困難に

あるときから何をしても気持ちが晴れず、倦怠感が抜けない日々が続きました。数カ月後にはひどい動悸が始まり、足の先から頭の先まで脈打つのを感じ、不眠症になりました。

生理も数カ月止まっていたこともあって、若年性更年期障害だと思い、産婦人科を受診。数値は正常範囲内でした。そこで循環器内科をすすめられ受診すると、甲状腺の値が異常に高いことを指摘されました。病名は、バセドウ病。家事も育児も困難になりました。

子どもたちが気づかってくれた

投薬での治療が始まりましたが、効果はすぐには現れません。自分のことをするのが精一杯で、子どもたちのこともすべてパパや私の両親任せになりました。

パパや私の両親もわからないことだらけで困惑していましたし、子どもたちは理解できず、しばらくはいつも通り甘えたり、わがままを言ったり……。

しかしだんだんと状況がわかってきたのか、家のことを手伝ってくれたり、「私たちは大丈夫。ママは寝てていいよ」と言ってくれるようになりました。家族の支えを、とてもありがたく感じました。

子どもたちからの励ましの手紙に感動

申し訳ないなと思いつつも、数カ月間はどうしても動けない状態。それまでは一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝たりしていたのにできない、一緒に出かけることもできない……。そんな自分が情けなくも感じましたが、家族と過ごす普通の生活が幸せなんだと改めて感じました。

子どもたちが「ママ、だいすき」「はやくくげんきになってね」と、手紙や絵をたくさん描いて枕元に置いてくれたことがありました。私はとても感動し、とても励まされました。

検査の数値が悪かったため、普通の生活に戻るのに半年以上かかりましたが、おかげさまで元気になりました。子どもたちの気持ちがとてもうれしかった。これからも愛情を注いであげたいと感じました。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.