子育て情報『順番が待てる!かんしゃくを起こさない!「我慢できる心」を育てる方法』

2020年1月16日 20:05

順番が待てる!かんしゃくを起こさない!「我慢できる心」を育てる方法

目次

・生活リズムを整える
・たっぷり甘えさせて要求を満たすこと
・遊びの中での我慢を覚える
・大人が見本になること
「我慢できる心」を育てる方法のイメージ


こんにちは、保育士の中田馨です。人は生活をする中で我慢をする場面に出合います。これは、赤ちゃんのときからずっとです。「我慢できる心」を育てるには、親との関わりが基本になります。今回は、赤ちゃんのときからできる「我慢できる心」を育てる基本についてお話します。

生活リズムを整える

まず、心を育てるには生活リズムを整えることが基本です。生後3~4カ月ごろになると、昼と夜の区別がつき始めるので、徐々に生活リズムが整い始めます。とはいえ、赤ちゃんが自分から生活リズムを整えることはできません。親が主導しながら生活リズムをつくっていきます。

一番簡単なのは、朝、カーテンを開けて陽の光を入れ、決まった時間に起こすこと。そして、毎日同じ時間に寝ることです。起きる・寝る時間が一定になると、生活リズムがおのずと整ってきます。

昼間は十分に遊ばせます。生活リズムを整えることで、感情をコントロールする脳神経が発達し、情緒も安定します。

たっぷり甘えさせて要求を満たすこと

赤ちゃんのときにママやパパに十分に甘えた経験のある子は、情緒が安定して我慢ができるといわれています。実際に保育所でも、家で十分に甘えることができている子は、落ち着いていることが多いです。遊びへの集中力があり、自分が「甘えたい場面」がよくわかっています。逆に甘えられない子は、どう甘えればいいか分からず友だちにちょっかいを出したり、遊びに集中できなかったりします。保育士にもどう甘えればいいのかわからないといった様子が見られます。

「甘えさせる」って、具体的に何をすればいいの? と思いますよね。簡単なのは、赤ちゃんの「抱っこして!」という欲求に応えることです。抱っこされたいときに抱っこされ、自分の気持ちが満たされる経験が積み重なることが大切です。抱っこされると、ママやパパと肌が触れ合い安心感も与えられます。

遊びの中での我慢を覚える

1歳過ぎると友だちとの関わりの中で、おもちゃの「かして」「どうぞ」が始まりますが、そのときも友だちの遊びが終わるまで、待つという「我慢」をします。このとき、我慢ができない子は、かんしゃくを起こしたり、友だちに衝動的な行動をしてしまうことがあります。

ちょっとしたことでかんしゃくを起こさないためにも、赤ちゃんのときから遊びの中で、我慢することを経験していきます。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.