子育て情報『【夜泣き対策】生後3カ月から●●するだけ!ママもラクになる方法はコレ【ラクに楽しく♪特集】』

2020年4月7日 21:00

【夜泣き対策】生後3カ月から●●するだけ!ママもラクになる方法はコレ【ラクに楽しく♪特集】

目次

・赤ちゃんの夜泣きとは?
・夜泣きの考えられる原因
・原因1 興奮している
・原因2 生活リズム
・原因3 不安
・私が実践していた方法はコレ
・夜泣きが始まる前からできる対策
・夜泣きが止まらないときの対応方法
【夜泣き対策】生後3カ月から●●するだけ!ママもラクになる方法はコレ【ラクに楽しく♪特集】


赤ちゃんとの毎日がもっとラクに、もっと楽しくなる。ベビーカレンダーは、そんな毎日を応援するコラムを絶賛連載中!

こんにちは、保育士の中田馨です。ママのお悩みで多いのが赤ちゃんの夜泣き。寝不足の状態での育児や家事、仕事はなかなかつらいものがあります。「夜泣きは一時的なものだよ」と言われても、「今」の大変さをどうにかしたいものです。

私には2人の子どもがいますが、実は夜泣きに悩んだ経験がほとんどありません。なぜだったかを考えると、「もしかするとあれかな?」と思い当たることがあります。今回は夜泣きに悩んでいるママだけでなく、夜泣きがまだ始まっていないママも読んでほしいと思います。

赤ちゃんの夜泣きとは?

赤ちゃんの夜泣きは7~8カ月ごろがピークといわれています。多くの赤ちゃんが1歳6カ月ごろにおさまってきますが、なかには2歳まで続く場合もあります。なぜ、夜泣きが起こるのかは、実はよくわかっていません。夢を見ているのか? 不安なのか? 興奮しているのか? 原因の特定が難しく「こうすれば必ずおさまる!」という特効薬がないからこそ、悩んでしまうのが夜泣きです。

夜泣きで近所に迷惑になっているか気になる場合は、昼間にご近所の方に出会ったときに、「最近、夜泣きがひどくてすみません」と一声かけておくといいですね。夜泣きは、脳が発達している証でもあります。ママが不安にならず「よし来い!」くらいの心持ちで対応してみましょう。

夜泣きの考えられる原因

原因の特定が難しい夜泣きなのですが、考えられる原因はいくつかあります。

原因1 興奮している

赤ちゃんは起きている時間にたくさんの刺激を受けています。脳は寝ている時間も働いていて、起きている時間に受けた刺激を寝ている間に整理しています。お出かけしたときや、初めての人と遊んだときなどは、特に脳が興奮して目が覚めてしまうことも。

原因2 生活リズム

お出かけしたり、お昼寝がいつもより長かったりなど、普段の生活リズムと違う日に夜泣きが起きることもあります。 

原因3 不安

赤ちゃんは寝ていても突然「不安」を感じることもあります。「あれ? もしかしてママがそばにいない!」と思うと泣いてしまうのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.