子育て情報『どうしよう、子どもが水分をとらない… 必死に考えた打開策とは!?』

2020年8月6日 06:30

どうしよう、子どもが水分をとらない… 必死に考えた打開策とは!?

そして少し経って中身を確認すると、中に入れておいた麦茶が減っていたのです。あえてそのことには触れずにそっとしておくと、次にコップを見たときには空っぽになっていました。

娘が好きなときに飲めるようにすればよかったのです。それから毎日コップをテーブルに置くことにしました。水やお茶を交互に入れて、時にはジュースにするなど、味を変えて置いておきます。今回は何味かな?という娘の興味が出るようにするのも効果的がありました。

娘は喉が渇いていなかったのではなく、私が促したときは飲みたくなかったのだと気づきました。自分のタイミングで飲めるようにしたことで、水分補給がスムーズになりました。イヤイヤ期には子どもが自由にできるように工夫することも大切だなと感じました。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

著者:更田未央子

6歳と2歳の子を持つ母。看護師・保健師・養護教諭1種・FP3級の免許を取得。現在、高校生を対象とした学習塾の講師をしながら、FP2級を目指す。育児・教育・医療・金融・不動産について執筆中。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.