子育て情報『終わらない夜泣きに絶望⋯つらい日々が園の先生のおかげで救われた体験談』

2020年10月16日 19:30

終わらない夜泣きに絶望⋯つらい日々が園の先生のおかげで救われた体験談

初めての育児に悩まされ、身も心もボロボロの育休期間から脱出したくて職場復帰を選択。復職後も夜泣きでヘトヘトになり断乳を決意したのですが、夜泣きは続き状態は悪化。初めての経験に心が折れそうな私を支えてくれた、息子の保育園についてのお話です。

目次

・つらかった育休⋯とにかく職場復帰したい
・無事入園が決まり、生後9カ月で職場復帰
・夜泣きは続くよどこまでも…断乳を決意
・異変に気づいてくれた先生
・著者:鈴木ゆり


終わらない夜泣きに絶望⋯つらい日々が園の先生のおかげで救われた体験談


終わらない夜泣きに絶望⋯つらい日々が園の先生のおかげで救われた体験談


つらかった育休⋯とにかく職場復帰したい

息子は生まれたてのころから目覚めている時間はほぼ号泣、夜も30分~1時間おきに泣く本当に大変な赤ちゃんでした。おかげで育休期間は産前に夢見た笑顔で穏やかな日々とはかけ離れ、1日中泣き声を聞かされるつらさと寝不足から精神的にも体力的にも追い詰められる毎日。

職場復帰の際も同時期に出産した友だちや会社の先輩は育休2年目を希望。息子に対して申し訳ない気持ちもありました。それでも、当時私はすがる思いで入園申請したのを覚えています。

無事入園が決まり、生後9カ月で職場復帰

自宅が駅から離れていたことが幸いし、激戦区にも関わらず第一希望の保育園への入園が叶い、生後9カ月で復職しました。当初息子は保育園でもやはり1日中泣き、食事も摂らず、先生方に抱っこばかりしてもらっていたようです。保育園の洗礼とも言えますが、手足口病や突発性発心など毎月のように病気も経験しました。

仕事も度々休まなければならず、産前同様の仕事をこなすことは困難でしたが、身も心もボロボロの育休期間から解放され、戻れる職場があって本当によかったと心から思いました。

夜泣きは続くよどこまでも…断乳を決意

保育園へ通い始め1歳を過ぎても息子の夜泣きがおさまることはなく、私は出産以降2時間以上連続して寝たことがありませんでした。日中に会社で体力を温存し、一晩中続く耐久レースのような寝かしつけに挑む状態が続き、1歳5カ月で断乳を決意しました。当時息子は離乳食も進まず、体重は標準を下回っていたので、本当に迷った末の決断でした。

ところが、断乳して1週間経っても2週間経っても、息子の夜泣きはまったくなくなりませんでした。やはり心のどこかで朝まで寝てくれることを期待していた私は絶望し、それまでの仕事の疲れも重なって、夜になると息子を怒鳴りつけたり、自分も号泣してしまったり、事態は一段と悪化しました。

異変に気づいてくれた先生

当時の私の異変にいち早く気が付いてくれたのは、保育園の先生でした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.