子育て情報『無性に欲しくてたまらない… 調べてみると「おなかの子は男の子!?」』

無性に欲しくてたまらない… 調べてみると「おなかの子は男の子!?」

 

妊娠7週ごろのお話。

「妊婦レベル1 まっふの冒険記」第66話


妊娠中、生肉や卵は気を付けたほうがいいかもみたいな知識はあったのですが、ちゃんと調べてみるといろいろ出てきました。

マグロみたいな大型魚は水銀が含まれてるから良くないみたいですね……。食べる量をコントロールしたらいいらしいけど、正直そういわれても怖いと思ってしまったので、赤ちゃんに影響するものは頑張って我慢しました! 生ハムゥゥ……!

そして妊娠すると味覚が変わるよと聞いていたのですが、

私、めちゃくちゃ辛いものが食べたくて仕方なくなりました……!

今まで辛いものはそれほど得意ではなかったのですが、本当に! びっくりするくらい! 辛いものが欲しくて欲しくて仕方なかったんです……!!

でも辛いものをこんなに食べて赤ちゃんに影響はないのだろうかって気になって、調べてみたらまさかのジンクスが出てくるという。

“甘いものが食べたいと女の子”
“辛いものが食べたいと男の子”

つまりおなかの子は男の子ってこと!?

ジンクスなんで確証はないけれどちょっと気になっちゃいますよね~!

(ちなみに私の場合、妊娠中でも辛いものを食べてよしと判断しましたw)

【第67話につづく】

※生肉や生卵、ナチュラルチーズや生ハム等は摂取することで食中毒を引き起こす可能性があります。妊娠中は抵抗力が弱くなっているため、食べるのは最小限の量にとどめ、新鮮でも体調不良のときは摂取を控えるようにしましょう。また、キハダマグロ等の水銀を含む魚は赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるため摂取量には注意しましょう。

※香辛料を使った辛いものの摂取は、妊娠前から食べている場合は特に問題ありませんが、妊娠中は妊娠前と体調が異なることもあるため注意が必要です。また、食べすぎることで塩分の過剰摂取や体重増加につながり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を引き起こす可能性があるためご注意ください。監修/助産師REIKO

著者:イラストレーター 漫画家 まっふ
令和元年5月1日生まれの男の子を子育て中の漫画家。多嚢胞性卵巣症候群からの妊娠を備忘録としてブログにのんびり4コマで更新中。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.