子育て情報『「あの子の命を奪ったのは私だった」衝撃の事実を知ってしまった。母親は絶望に苛まれて…』

2022年5月16日 13:30

「あの子の命を奪ったのは私だった」衝撃の事実を知ってしまった。母親は絶望に苛まれて…

「りんご病」と診断され、流産の原因がわかりホッとしたと同時に、ある事実を知りますます自己嫌悪に陥ってしまって……?!

待望の4人目の赤ちゃんを流産してしまったあと、体調が悪化。手のひら、足の裏が真っ赤に腫れ、かゆくてかゆくて眠れない!

さらに、起き上がれないほどの関節痛に襲われた……。

皮膚科を受診すると「りんご病です」と診断が。流産の原因がわかり、少しホッとしたのと同時に、ある事実を知りますます自己嫌悪に陥ってしまいます。

流産の原因がわかり…

「夫を捨てたい。」第39話


「夫を捨てたい。」第39話


「夫を捨てたい。」第39話


「夫を捨てたい。」第39話


「夫を捨てたい。」第39話


「夫を捨てたい。」第39話


「夫を捨てたい。」第39話


「夫を捨てたい。」第39話


「一生懸命生きていたあの子を、私は助けられなかった……」

「私のせいでおなかの赤ちゃんが消えてしまった……」

すべてマイナスに考えてしまい、自己嫌悪で押しつぶされそうに。

※りんご病に妊娠20週未満で感染した場合には、胎児に影響するリスクが高くなります。週1回程度の超音波検査を受け、胎児異常の早期発見に努める必要がありますが、経過観察で問題がなければ、心配はいりません。明らかに胎内感染が成立しても、胎内で治癒し、出産後に異常が発見されないケースもあります。

監修/助産師REIKO

著者:マンガ家・イラストレーター コミックエッセイ作家 いくた はな
3男1女、4人の兄妹の母。コミックエッセイ作家。書籍『夫を捨てたい。/祥伝社』。夫婦関係や子育ての体験談マンガが共感を呼び、Instagramのフォロワーは23万人超!(2021年6月時点)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.