子育て情報『「私に触らないで!」気持ち悪くて心底ムリ…こんなに夫を受け付けない体になるなんて #モラ夫 47』

2022年1月29日 17:30

「私に触らないで!」気持ち悪くて心底ムリ…こんなに夫を受け付けない体になるなんて #モラ夫 47

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第47話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。夜の生活を強制的に再開させられ「週1」の約束がストレスになり、夜になると蕁麻疹がでるようになったモグさん。

帰省しないのと引き換えに「週1」の約束を「月1」に減らす交渉に成功したものの、夫が突然「1000円あげるから、月2回にして」と信じられない提案をしてきた!

自分の価値は、1000円しかないの? 産後、こんなに夫のことが無理になるなんて。

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第47話

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第47話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第47話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第47話


「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第47話


年をとっても夫婦仲良くいたかったし、子どもができても夫婦生活がある夫婦でいたい。

本気でそう思っていた。出産前までは……!

まさか自分がこんなに夫のことを受け付けない体になってしまうなんて、予想もしていなかった。

お義母さんの「女の子の孫が欲しい」発言を発端として、強制的に夫婦生活を再開させられて、応じることになってしまったとき、

自分が汚らわしく思ってしまって、全身を除菌シートで拭いていた。

それくらい夫に触れられることに抵抗があった。

性的な目で見られたり、触られたりするのが、本当に嫌だった。

産後のホルモンに変化があること、体調のこと、調べて夫に説明したけれど、

逆ギレされて不機嫌になり、「甘え」だと言われ続け、諦めた。

こんなに夫に触れられることが嫌だということを、誰にも相談できず、ネットで同じような人を探した。

著者:マンガ家・イラストレーター モグ
2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間モラハラに気付かず結婚生活を送っていた。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

blog:顔で選んで心で泣いて

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.