子育て情報『「実は家族に支えられていたんだ」新しい命を授かった。子どものやさしさから気づいたこととは?』

2022年5月18日 13:30

「実は家族に支えられていたんだ」新しい命を授かった。子どものやさしさから気づいたこととは?

4人目の赤ちゃんを流産した悲しみに暮れていたものの、日常を少しずつ取り戻しながら、少しずつ深い傷を癒していった、いくたさん。

流産から約1年弱後、女の子を出産しました。

子どものやさしさから気づいたこと

「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「夫を捨てたい。」第41話


「命の尊さ、愛しさ、家族の力を教えてくれてありがとう」

命の大事さを頭ではわかっているつもりだったのですが、実際にこういったことに直面したことで、本来の命の重みをずっしりと感じることができました。

幸せな重みをかかえて、子どもたちの成長を見守っていきたいです。

◇◇◇

4人目の妊活、つらい流産を乗り越え、その後長女が誕生したいくたさん。その出産までの道のりは険しく、たくさんの涙を流しました。改めて、今ある命がすべて奇跡であると教えてくれているようです。

このほか、いくたはなさんの最新マンガはInstagramやTwitterなどのSNSから更新されています。ぜひチェックしてくださいね。

監修/助産師REIKO

著者:マンガ家・イラストレーター コミックエッセイ作家 いくた はな
3男1女、4人の兄妹の母。コミックエッセイ作家。書籍『夫を捨てたい。/祥伝社』。夫婦関係や子育ての体験談マンガが共感を呼び、Instagramのフォロワーは23万人超!(2021年6月時点)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.