2014年8月22日 12:00|ウーマンエキサイト

子どもの責任感を育む! 長期休みを利用して、はじめてのお手伝いにチャレンジ

池田絵里
ライター (ライフオーガナイザー、整理収納アドバイザー、ファイナンシャルプランナー(AFP)、コーチ)
池田絵里
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
幼稚園や小学校に通われているお子さんは長期休みに入っているため、自宅で過ごす時間が多くなっているのではないでしょうか。そこで、比較的ゆっくり時間を取りやすいこの時期を利用して、子どもがお手伝いしやすい仕組みづくりを考えてみてはいかがでしょう。
子どもの責任感を育む! 長期休みを利用して、はじめてのお手伝いにチャレンジ
子どもにとってお手伝いをすることには、家族の一員として自分が頼られているという気持ちや責任感を育むメリットがあるそうです。ひとくちにお手伝いといっても、たくさんの種類がありますし、年齢によってその難易度も大きく変わってきます。一体、どんなことを手伝ってもらうのがよいのでしょうか?

■おすすめのお手伝いは「食事の準備」数あるお手伝いの中でもお勧めしたいのは、食事の準備です。子どもが比較的興味を持ちやすい上、運ぶ、揃える、置くといったさまざまな動作が含まれているからです。加えて、配膳のマナーを知ったり、季節ごとの食材などに触れたりすることもできます。

とはいえ、いきなり「食事の準備をお手伝いして」と言っても、うまくできないことがほとんどのはず。まずは子どもがお手伝いしやすいような仕組みをつくる必要があります。では、どのようにしたら食事の準備がしやすい仕組みができるのでしょうか?

子どもがお手伝いしやすくなるポイントは大きく3つあります。

1.子ども目線での配置
2.使うものを1ヵ所にまとめたわかりやすい収納
3.ハプニングへの対応


それぞれ具体的に解説していきましょう。
池田絵里
池田絵里の更新通知を受けよう!
確認中
池田絵里
池田絵里の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
池田絵里
池田絵里の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
池田絵里
池田絵里をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
池田絵里
池田絵里の更新通知が届きます!
フォロー中
池田絵里
池田絵里の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.