2015年10月22日 06:15|ウーマンエキサイト

「これって産後鬱?」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.7 

Boojil(ブージル)
ライター (イラストレーター・エッセイスト・漫画家)
Boojil(ブージル)
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
おかっぱちゃんの子育て奮闘日記

おかっぱちゃんの子育て奮闘日記

イラストレーターのBoojil(ブージル)ことおかっぱちゃんが、新米ママとして育児に奮闘する様子を連載でお届けする、子育てイラストコラムです。

「これって産後鬱?」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.7 
産後1週間目の息子。実家へ帰った夜、初めての沐浴はわたしが担当することになった。

新生児は、想像していたよりはるかに小さい。手足は細く、柔らかで頼りない。
頭も小さく、人形のようだ。強く握りしめたら壊れてしまいそうなほど、生まれたての身体は華奢でやさしく、丁寧に扱わないと死んでしまうんじゃないかと思う。

産前用意しておいたベビーバスに、息子の頭を左手で支えながら入れる。
自由に使えるのは右手だけ。シャワーを扱うのも、身体を洗うのも片手だけで行わなくてはならない。

赤ちゃんの肌は絹のように滑らかで、わたしの肌のようにホクロも、痣もついていない。
石けんひとつとっても、低刺激のものでないと肌荒れしてしまうのではないかと少々心配もした。

息子は、ベビーバスの中で目を開いてなんとも言えぬ気持ちのよい顔をしていた。
まるで仏様のように穏やかな顔つき。「あぁ、なんて可愛いのだろう」。

以前友人が「他人の子も可愛いけれど、自分の子は世界で一番可愛いよ。」と、話していたことを思い出す。

やっぱりこの気持ちは特別だ。
こればっかりは、産まれてみないと分からなかったこと。

わたしもすっかり“親バカ”のようだ。
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
確認中
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知が届きます!
フォロー中
Boojil(ブージル)
Boojil(ブージル)の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.