「歯が生えた! 激痛授乳の悲劇」 おかっぱちゃんの子育て奮闘日記 Vol.29 

2016年6月17日 04:00
 

Boojil(ブージル) ライター
Boojil(ブージル)


生後8ヶ月ごろから、上下共に歯が生え始めた息子。可愛らしい小指の爪の先のような、小さな小さな歯が出ている。歯が生えたということは、これから離乳食も固形のものをどんどん食べられるようになるのかしら。と、息子の成長をわたしは喜んでいた。

しかしながら、友達に「うちの息子、歯が生え始めたよ~」と、話すと、
「わ、大変だね~!おっぱい痛くない?」
と、全員からこのようなリアクションが返ってくる。


そうか、子の成長を喜んでいるのもつかの間。
噂には聞いていたが、歯が生え始めた時の授乳はどうやら過酷なものらしい。
話を聞けば、いろんな答えが返ってくる。

ある人は、「授乳時に毎回噛まれて出血し、毎晩軟膏を塗っている」と言う。
またある人は「乳首の原形もなくなって、もう乳首ごとポロリと取れてしまった」と言う…。

そのどれもが、まるでホラー映画の1シーンのような展開で、
ねえ、それって本当なの? と問いたくなるくらい、恐ろしい状況である。
もう恐ろしさを越えて、一周し、笑いがこみ上げてくるほどだ。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.