2019年3月3日 12:00|ウーマンエキサイト

「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

きたあかり
ライター (イラストレーター)
きたあかり
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。

妊娠中から3年間暮らした北海道を離れる事になった、きたあかりさん。最初は寒すぎて震えていたのに、3年の間にすっかり好きになってしまった北海道での生活。ムスメちゃんと出会った、たくさんのキラキラの思い出とともに、今回が最終回となります。


ムスメとバイバイ

「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

夫の出向期間の終わりと共に、妊娠中から3年間暮らした北海道を離れる事になりました。

ずーっと前から決まってた事なんですが、もうすっごくブルーです。

最初は寒すぎて「なぜこんな所にこんなたくさんの住民が…」とすら思っていたのですが、

「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

3年の間にすっかり好きになってしまいました。

ジンギスカン…スープカレー…
メロン…トウモロコシ…じゃがいも…ホッケ…米…

ゴキブリにも花粉にも悩まされることのない環境…味のある路面電車。

程よい人口密度…都心までの交通の便の良さ…なぜかあちこちにいるクラーク像。

二重窓や二重扉などにより本州の冬よりずっと快適に保たれている屋内の居心地よさ。

先生が引っ張ってくれる巨大ソリに乗って公園に遊びに来る着ぶくれした園児たち。

「おっちゃんして」とかいう方言…(“座って”の意)なぜかハロウィン形式の七夕。

北海道そのものの魅力にやられてしまったのは言うまでもありませんが、

「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

「ムスメとバイバイ」子どもが出会わせてくれた、たくさんのキラキラしたこと【ムスメと/北海道編 @kita.acari 第46話】

子どもの目線や速度でしか気付けないような、日常にこっそり潜んでいるきれいなもの、笑えることを、たくさん思い出させてもらいました。
きたあかり
きたあかりの更新通知を受けよう!
確認中
きたあかり
きたあかりの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
きたあかり
きたあかりの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
きたあかり
きたあかりをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
きたあかり
きたあかりの更新通知が届きます!
フォロー中
きたあかり
きたあかりの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.