両親がより身近な存在に! 子どもを産んでから変わった私と両親のアレコレ【うちのひと観察記。 第20話】

こいしさん
ライター
こいしさん
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
こんにちは、私はこいしさんと申します。現在、4歳差の姉妹を育てる主婦です。

私が長女を出産したのは、およそ7年前です。

当時は、娘を持ったことで、まったく違う人生を歩み始めたような、不思議な感覚になったことを覚えています。

産後はさまざまな変化がありましたが、実の両親との関係性もそのひとつです。

今回は、子どもを産んだことで変わった私と両親について書きます。

■私の変化:親のありがたみがわかる

私の変化:親のありがたみがわかる

まずは、ありがちですが、出産するとやっぱり親のありがたみがわかります。

娘たちと過ごしながら、いろんなシーンで自分の小さい頃と当時の親を思い出すことがあります。

娘が始めて笑ったとき、立ったとき、保育園に預けたときや、風邪をひいたとき。

その時々で「両親もこんな風に笑いながら、驚きながら、心配しながら私を育ててくれたのかな」と思うと、これまで当たり前だと思っていたことに、改めて感謝の気持ちでいっぱいに!

■私の変化:母の味方になる

私の変化:母の味方になる

さきほど親のありがたみがわかる、と書きましたが、産後は特に母を尊敬する気持ちが強くなりました。

うちの父はとてもにぎやかで目立つぶん、楽しい記憶を思い出すと、まず浮かぶのは楽しんでいる父の姿です。

でも実際は、私たちをわかりやすく楽しませてくれた父と同じように、もしくはそれ以上に、母が支えてくれていたことに気づきました。

子育ては楽しいばかりではなく、しんどいことや面倒くさいことも、すごく多いです。

私はかげながら家族を支えてくれる母をとっても尊敬しています。

■両親の変化:孫に甘い

両親の変化:孫に甘い

わりと厳しいところもあったと記憶している両親ですが、孫に愛情を注ぐ姿がとっても新鮮に映りました。

私も出産してから知った感覚ですが、やっぱり子どもを育てないと! という責任感があるので、甘やかしてばかりいられないのが親というもの。

しかし、子育ての大変な時期を終えた両親たちは「責任のない孫サイコー!」と言っては、子どもたちをかわいがってくれます。

正直、私も早くそうなりたい。
こいしさん
こいしさんの更新通知を受けよう!
確認中
こいしさん
こいしさんの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
こいしさん
こいしさんの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
こいしさん
こいしさんをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
こいしさん
こいしさんの更新通知が届きます!
フォロー中
こいしさん
こいしさんの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.