2019年9月18日 15:00|ウーマンエキサイト

チャイルドシートの義務年齢は?年齢や身長で変わるシートの種類も

『チャイルドシート』は、『新生児から6歳まで』必ず使用する必要があります。年齢だけが重要視されがちなチャイルドシートですが、ほかにもさまざまなチェックポイントがあります。チャイルドシートの知識を深め、乗り心地のよい1台を選びましょう。

チャイルドシートの義務年齢はいつまで?

目次

・チャイルドシートの義務年齢はいつまで?
・年齢別でシートの種類が変わる
・チャイルドシートを変えるタイミング
・子どもの安全を守るためにも正しく使おう
チャイルドシートの義務年齢は?年齢や身長で変わるシートの種類も

子どもが生まれると、車でのお出かけには『チャイルドシート』が欠かせません。しかし、『義務』ということは分かっていても、適用年齢など詳しいことをわかっている人は案外少ないのではないでしょうか?

『チャイルドシート』についての理解を深めましょう。

新生児から6歳まで


『チャイルドシート』の義務年齢は、『新生児から6歳まで』です。

一口に『チャイルドシート』といっても、その種類はさまざまで、赤ちゃん・子どもの成長過程に合わせたチャイルドシートが販売されています。

値段もけっして安価とはいえませんが、赤ちゃんの命を守るためには、チャイルドシートはなくてはならない物です。

それぞれの月齢や年齢に見合った物を適切に使用しましょう。

6歳を過ぎた後は身長による


『チャイルドシート』の義務年齢は6歳までと決められているものの、じつはもう1点大事なポイントがあります。

それは『身長』です。6歳であったとしても『身長140cm未満』の場合には、チャイルドシートの代わりとなる『ジュニアシート』を使用する方がよいでしょう。

「たった数cmの差でなぜ?」と疑問に思われるかもしれませんが、理由は『シートベルト』にあります。シートベルトは『身長140cm以上』で正しく作用するため、身長が140cmに満たない状態で事故に遭った場合、非常に危険だからです。

チャイルドシートは、子どもが『6歳』を過ぎ、かつ『140cm以上』であることを確かめてから取り外しましょう。

年齢別でシートの種類が変わる

チャイルドシートの義務年齢は?年齢や身長で変わるシートの種類も

『チャイルドシート』の種類は、月齢・年齢によって『作り』が異なります。それぞれの時期に合わせたチャイルドシートを選びましょう。月齢ごとの種類を紹介します。

新生児や乳児用 ベビーシート


『新生児や乳児用』には『ベビーシート』を使用しましょう。

この時期のチャイルドシート(ベビーシート)は、車が進む方向に対して『後ろ向き』に取り付けることが特徴です。

また、生まれたての赤ちゃんは首が据わっていないため、寝かせた状態でも使用できるようベッド型です。

弱々しい赤ちゃんを乗せている際に万が一、事故に遭ってしまったときにも被害を最小限に食い止められるよう、非常に頑丈な作りをしています。

商品名:cybex ISOFIX・シートベルト固定両対応 ベビーシート 新生児用 トラベルシステム エイトン ルンバレッド
価格:¥19,440(税込)
「cybex ISOFIX ベビーシート」の購入はこちらチャイルドシートの義務年齢は?年齢や身長で変わるシートの種類も


9カ月から4歳ごろまでのチャイルドシート


『生後9カ月から4歳ごろ』までは『チャイルドシート』を使用します。

一般的によく見かけるタイプを指し、新生児用のベビーシートから『体の向き・体制』や『見た目』が大きく変化します。

ベビーシートよりも体を自由に動かすことができ、視界も変わるため、それまで車移動が苦手だった子どももチャイルドシートを使用することで嫌がらなくなることもありますよ。

機能面はもちろん重視すべきですが、『乗り心地』や『素材』など子どもが快適に過ごせる物を選びましょう。

商品名:Child Guard(チャイルドガード) シートベルト固定 チャイルドガード
価格:¥17,280(税込)
「Child Guard(チャイルドガード)」の購入はこちらチャイルドシートの義務年齢は?年齢や身長で変わるシートの種類も


5歳ごろから12歳ごろまでのジュニアシート



新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.