2020年4月21日 12:00|ウーマンエキサイト

子どもへの接し方は夫婦で違っていてもいい? わが家の「お手伝い」問題【おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜 第59話】

鈴木し乃
ライター
鈴木し乃
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜

おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜

とびきり可愛いイラストで兄妹の日々を綴る人気インスタグラマー、鈴木し乃さんの書下ろしコミックです! 2012年生まれの男の子と2015年生まれの女の子の、写真には写らない愛らしい姿や行動をママ目線で…

私の育児と夫の育児は違って当たり前。そのことに改めて気がついた、子どものお手伝いとごほうびについてのエピソードです。

■家庭のお手伝いに「ごほうび」は必要?

おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜

子どもたちへの言葉や態度を大切にして、「ごほうびがなくてもすすんでお手伝いができる子」みたいなのが理想だった私。だから、夫の「物で釣ろうとする」対応がいちいち気に食わず、イライラする時期がありました。

理想はあくまで理想ですが、

「ごほうびがないと動かない子になってしまうのでは?」
「オモチャが増えすぎて、大切にしなくなるのでは?」

などとモヤモヤ…。

あるとき、それを夫に伝えると、返ってきたのはこんな言葉でした。

■母と比べ、子どもと接する時間が少ない父

おててつないで 〜なかよし兄妹の癒され日記〜

思い返してみれば、「オモチャ」と言っても高価な物ではなく、「一緒に遊べる物」であったり「自分で組み立てる物」あるいは「子ども自身に選ばせる」など、子どもたちとの時間を楽しく過ごすための試行錯誤ではないか…と妙に納得。

そもそも、私の対応が「正解」ということでもないわけで…。

夫婦でそれぞれ子どもと接する時間の長さやタイミングが違うのだから、そのときの内容が変わるのも当然なのかもしれない。

それを一方的に「こっちのやり方で!」と言うのはあまりに狭量だなと気がつきました。

自分とパートナーの試行錯誤を尊重したり共有したり…。子どもにとって何が最良か、一緒に模索していくのがいいのかなと思いました。
鈴木し乃
鈴木し乃の更新通知を受けよう!
確認中
鈴木し乃
鈴木し乃の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
鈴木し乃
鈴木し乃の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
鈴木し乃
鈴木し乃をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
鈴木し乃
鈴木し乃の更新通知が届きます!
フォロー中
鈴木し乃
鈴木し乃の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.