コミックエッセイ:親に整形させられた私が、母になる

「あんたは昔から育てにくかった」…傷ついた私に母が放った衝撃の言葉【親に整形させられた私が、母になる Vol.22】

親に整形させられた私が、母になる

親に整形させられた私が、母になる

母が私に整形をすすめたのは、中学を卒業した春のこと。「あなたのためになんでもしてあげる」と、すでに美容整形の予約まで取ってあったのです。あれから20年、現在私には子どもがいます…。

親に整形させられた私が母になる
■前回までのあらすじ
親戚の集まりで、容姿や就職先について「母の育て方がよかった」と口々に言われ、私自身も「やっぱり母の考えが正しいのだ」と思っていました。しかし、いとこが母にプレゼントしたとき、私は何もプレゼントしたことがない冷たい人と母が言っているのを聞いてしまい…。


■母は私がプレゼントしたものを忘れてしまった?


親戚の宴会の後片付けをしていると母にさっきのストラップについて聞くと
「これ私があげたやつだよね?」母は「覚えていない」と答える。しかし私が手作りし、母の名前を刺繍で入れたものだった母は「覚えているわよ。だから何だって言うの?」


新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.