子育て情報『セブ島へ3歳児と3週間の親子留学へ行ってみた!』

2018年12月25日 11:30

セブ島へ3歳児と3週間の親子留学へ行ってみた!

小学校からの英語授業が始まったりと、グローバル教育が叫ばれる中、英語教育に関心をもつママやパパも多いですよね。また、自分自身が英語を学びたい!と思っている人も多いのでは。
今回は、子どもの英語教育と自分の英語の勉強、両方を叶えることができる「親子留学」を紹介します。

フィリピン・セブ島での親子留学って何が魅力?

2018年9月、私と3歳の娘の2人でフィリピン・セブ島へ3週間の親子留学に行ってきました。
最近人気のセブ島での語学留学。その理由は…

目次

・フィリピン・セブ島での親子留学って何が魅力?
・フィリピン・セブ島での親子留学手配の方法と内容は?
・学校に通っている間の1日のスケジュール
・親子留学してよかったこと

・安い。物価がまだまだ安く、学費も滞在費も安い
・近い。直行便なら4時間半で到着
・英語の先生の質が高い。フィリピンの公用語は英語。発音も綺麗でネイティブレベルの授業が可能。マンツーマンレッスンが充実
・フィリピンの中でもセブ島は年中温暖で、ショッピングやスパ・プールなど遊び場も充実

また、「親子留学」が現実的な理由は、
・家政婦さん(滞在中の家事とベビーシッターどちらもやってくれる)がいる
・なんといっても日本からの近さ。子連れで海外に行くとなると、飛行機に乗ってる時間は極力短い方がいい

フィリピン・セブ島での親子留学手配の方法と内容は?

今回は私自身も初めての留学ということもあり、資料請求をした留学エージェントを通じて手配してもらいました。

・親子で留学する学校(親子留学専門の校舎を持つ日本人経営の学校)
私も娘も午前中のみレッスンで、親4コマ・子ども3コマでお願いしました(1コマ50分)。
親は4コマすべてマンツーマンレッスン、子どもはグループレッスンです。

・滞在するコンドミニアム
親子留学では学校から徒歩3分ぐらいの高級コンドミニアムが滞在先でした。
セキュリティも厳しく、駐車場も入口もガードマンが常に警備しています。

・家政婦さん
基本の勤務時間は8時〜17時、月~金が出勤日で土日はお休み。
掃除や洗濯、ご飯作りなどの家事全般に加え、ベビーシッターもお願いできます。

料金は、選ぶ学校やコマ数、コンドミニアムのレベルや広さによって変動しますが、私たち親子の場合あ、3週間で約35万円でした。
それとは別に、航空チケット代や空港税、あとは学生証の発行手数料など現地で学校に払う費用、毎日の食費や生活用品などの雑費が必要になります。

学校に通っている間の1日のスケジュール

6:00起床
7:00朝食・着替え
8:00家政婦さん出勤→学校へ出かける準備
9:00家政婦さんと一緒に登校
11:00娘のレッスン(3コマ)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.