子育て情報『私のワーママ生活を支える、鼻水吸引機と名前タグと…お皿!』

2019年2月27日 11:30

私のワーママ生活を支える、鼻水吸引機と名前タグと…お皿!

準備物は園からのリストだけでは、不十分!?

4月に保育園入園を迎えるお子さんのいるママ、楽しみでもあり、自身の仕事復帰も間近ということで、単純に“楽しみ”だけではなく、不安もいっぱいなのではないでしょうか?
そして保育園での入園説明会で、準備物のリストをもらってくる頃ですね。

そのリストには書かれていないけれど、3人姉弟のワーママである私が実際に使ってみて、助かった!これは便利!というグッズを紹介します。

目次

・準備物は園からのリストだけでは、不十分!?
・万年鼻水ズルズル風邪ひきさんに!「電動鼻水吸引機」
・名前はんこだけじゃない!子どものわがままにも即対応「お名前タグ」
・洗い物を少しでも減らす!ご飯はひと皿に「ワンプレート皿」
・番外編?意外な盲点、役立つ「授乳服」


私のワーママ生活を支える、鼻水吸引機と名前タグと…お皿!

ワーママにとっては、園で指定されているグッズだけでは十分ではありません

万年鼻水ズルズル風邪ひきさんに!「電動鼻水吸引機」

わが家の長女は、小さい頃からよく風邪をひくタイプ。病院に行くたびに機械で鼻を吸ってもらっていました。鼻が通っていると、寝ている時も口呼吸をせず鼻で呼吸ができるので、のどからひきやすい風邪から守ってくれるそうです。
自宅で鼻水を吸う時は、口で吸うタイプの器具を使っていましたが、酸欠になりそうなくらいに思いっきり吸ってもいまいちスッキリせず…。でもこんなもんかなぁ、と思っていました。

【電動鼻水吸引機】
しょっちゅう病院に行くうちに、小児科の先生に教えてもらったのが、「電動鼻水吸引機」です。
当時(10年ほど前)は、日本の製品では販売されておらず、先生に教えてもらった海外メーカーのものを個人輸入するという技を使ったのですが、今は日本のメーカーもたくさん種類出していますし、簡単に安く手に入ります。
吸っても吸っても吸いきれた感が感じられなかったのが、電動のものを使うと親の方もなんだか気持ちがスッキリして気分がいい!
0~1歳の赤ちゃんだけでなく、もう少し大きくなってもまだまだ使えると思います。幼児でもしっかり上手に鼻をかむのは難しいですよね。保育園を休んで耳鼻科に行くほどでもないけれど…、という時に大活躍です。
ちなみに、吸引力の高いものを選べば、この季節、鼻のまわりが赤く荒れてしまって…という花粉症に悩む大人も使えるのです。お試しあれ!

名前はんこだけじゃない!子どものわがままにも即対応「お名前タグ」

入園前にやるべきことで、ママが「大変!」と思うのは、やはり名前つけではないでしょうか。お名前スタンプは必需品としてすでに準備しているかもしれませんが、こんな便利グッズも!

【お名前タグ】
子どもってわがままで、自由です。気の向くままに欲求をぶつけてきますよね。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.