子育て情報『6年間子どもが飽きずに遊んだ3つのおもちゃを発表します』

2019年8月27日 17:30

6年間子どもが飽きずに遊んだ3つのおもちゃを発表します

子どもに新しいおもちゃを買ってもすぐ飽きてしまう…なんてことはありませんか?
今回は、現在小学1年生の息子と4歳の娘のために購入してきたおもちゃの中から、「これは買って正解!」の長く使えるわが家のベストおもちゃ3選を紹介します。

図形感覚が養える「マグフォーマー」

ボーネルンド社の「マグフォーマー」は、三角、四角、さまざまな図形のマグネットのおもちゃ。平面、立体、と発想豊かに作ることができ遊びながら図形感覚が養えます。他のブロックとは違って、ピースをはめる必要がないため、ひらめいたらすぐ繋げたり、壊したりできるのがポイントです。

目次

・図形感覚が養える「マグフォーマー」
・水の力を学ぶ「アクアプレイ」
・女の子もハマる「プラレール」
・子どもが主役になれるおもちゃ選び


最初に「マグフォーマー」がやってきたのは、息子が2歳前のクリスマス。
1歳~2歳では車が作れる1番少ないセットを与え、くっつけたり、並べたり、親が作った車を走らせて遊んでいました。またこの年齢は崩すのも大好き!磁石ならではの感覚で、ぐしゃっと潰れるところがお気に入りでした。ママが料理中はキッチンに来て、冷蔵庫に貼って遊ぶことも。
6年間子どもが飽きずに遊んだ3つのおもちゃを発表します


だんだんと付属の図面に合わせて三角、四角を並べられるようになり、立体を作り始めた3歳のクリスマスには、妹と一緒に使うということもあり、大容量のセットを購入しました。
6年間子どもが飽きずに遊んだ3つのおもちゃを発表します


それから図面通りに作ったり、オリジナル作品を作ったり、年齢に合わせて高度な作品を作れるように!

6年間子どもが飽きずに遊んだ3つのおもちゃを発表します


小1の現在は、こんな大作をわずか5分程度で作るようになり、来客時には「見て見て~」と得意気に披露しています(笑)。
小学校で立体図形の勉強が始まった頃にも活躍しそうです。

水の力を学ぶ「アクアプレイ」

同じくボーネルンド社の「アクアプレイ」は水遊びのおもちゃ。

ハンドルを回して水の流れの力で船を動かしたり、ポンプで水を貯めて一気に流すことで船が進むという運河の仕組みを学ぶことができます。

色々な仕掛けがあり、連結して大人数で遊ぶこともできます。セットで購入すると1万円以上と、水遊びおもちゃの中では高額ですが、成長とともに遊び方が変わって長く使えるのでコスパは決して悪くないと思います。コンパクトなものを選べばベランダやお風呂場でも遊べますよ。
6年間子どもが飽きずに遊んだ3つのおもちゃを発表します


息子3歳、娘1歳前の夏に購入したときは、息子は船や車を手で動かしたり、ハンドルを回して船が進むことにも喜んでいました。娘は座ってパシャパシャ水遊びを楽しんでいました。

次の年の夏には、付属のポンプで水を汲みあげるのが楽しくなり、きょうだいで取り合いに!家にあった水汲み用のカップや、船、人形をプラスして遊ぶとケンカになることなく遊べました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.