子育て情報『保温器を使う時期におすすめの幼稚園弁当!NGおかずはコレ』

2020年11月7日 11:20

保温器を使う時期におすすめの幼稚園弁当!NGおかずはコレ

普通のチーズでは溶けてしまうのですが、キャンディーチーズはフィルムに包まれているのでお弁当箱にくっついて食べられないということもありません。温められることでチーズが少しトロッとして、そこがまたおいしいようです。
また、パプリカは生ではなく、茹でたものを使います。赤や黄色があるので、それぞれ足りないなと思う色を選んで入れるといいですね。
型抜きなどでハートや星のかたちに切り抜いて茹でて冷凍しておくと、使いたいときにサッとお湯に通すだけで入れられて、彩りを加えられるので便利ですよ。

保温器を使う時期におすすめの幼稚園弁当!NGおかずはコレ

キャンディーチーズを入れて、シロクマカレーにはハートに切り抜いたパプリカで彩りをプラス

保温器だからこそおいしい!この時期に入れたいもの

保温器に入れるということで、制約ができマイナス面が目立ちますが、実は「温められるからこそおいしい!」というものも。
わが家でこの時期になるとリクエストが多くなるものを紹介します。

【保温器の時期に入れたいもの】
・カレー
・中華まん
・シュウマイ
・グラタン

どれもホカホカと湯気が上がっている様子が目に浮かびますね。カレー弁当は、娘が通っている幼稚園でも持ってくる子が多いです。
一時期大流行したカレー弁当は、カレーを一番下に敷き、その上に真っ白のごはんをのっけたもの。フタを開けると一見ただの白ご飯だけのお弁当なのですが、スプーンを入れるとカレーが出てくるというタイプでした。
食べるのもおいしいし、作る側としても順番に入れるだけでOKなので、とても簡単でいいですよね。
また、肉まんなどの中華まんをお弁当に入れる子も多くなります。ごはんを詰める代わりに、中華まんをどーんと入れるので、少し手間が省かれます。
お弁当の時間にホカホカの中華まんが食べられるとあって、子どもたちに人気のメニューです。

保温器を使うようになると、通常のお弁当とは違うことが出てくるので、準備する側もちょっと構えてしまいがち。しかし、実はナマモノ・生野菜や冷たくしていただくもの以外はほとんど大丈夫なので、あまり気にしすぎず作ってOKです。
入れられないもの、それに代わるものを考えながら、ホカホカでおいしいお弁当を子どもたちに作ってあげましょう!

<文・写真:ライターyukari>

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.