くらし情報『森口博子「最初のバラエティロケは“オスのロバを口説く”仕事」』

2021年6月21日 06:00

森口博子「最初のバラエティロケは“オスのロバを口説く”仕事」

『機動戦士Zガンダム』の主題歌で、念願の歌手デビューを果たした17歳のころの森口博子

『機動戦士Zガンダム』の主題歌で、念願の歌手デビューを果たした17歳のころの森口博子



住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう!わかる」って盛り上がれるのが、青春時代にはやった歌やドラマの話。各界で活躍する同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

「私のコンサートでは、お客さんとの距離を縮めて一緒に盛り上がるため、みなさんの知っている曲をカバーするコーナーがあるのですが、ジャジーな『SWEET MEMORIES』(’83年)はよく歌わせてもらっています。聖子さんの曲をカバーするとどうしてもモノマネになってしまうことが多くて……。でも、この曲は、“自分らしく”歌えるんです」

そう語るのは、歌手でタレントの森口博子さん(53)。歌手になることは、4歳からの夢だったという。そんな彼女は、中学3年の時に応募したNHK『勝ち抜き歌謡天国』(’84〜’86年)で優勝、後に全国大会で準優勝し、芸能界への足掛かりをつかんだ。

「私の歌声を聴いたキングレコードのディレクターの方にスカウトされ、突然、デビューが決まったんです。高校受験を控えていて、最初はその番組に出演しない予定でしたが、母が後押ししてくれて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.